ZERO1
ZERO1

2011年12月24日

菅原が王座戦へOK !ただし・・ZERO1元旦後楽園ホール #zero1

インターJr王者の菅原拓也が先日行われた会見で藤田峰雄、日高郁人の2選手から受けたベルト挑戦(選手権へ変更)を受諾。

1月1日元旦後楽園大会はインターJrをかけた3WAY選手権に!

先日の記者会見で、王者・菅原拓也の悪行に対し、3WAYで戦う、藤田峰雄が「タイトルを懸けろ!」と挑発。これは、ZERO1入団以降、Jrの中心となるインターのベルトを防衛し続ける菅原に対するイライラの沸点からだった。

日高もこれに同調。チャンピオンである、菅原の言動に、注目が集まっていた。
DSC02017.JPG

そして、今日。この話題の主役である菅原拓也がコメントを発表!
「王座を懸けてやる!」(菅原)

「全く情けねーなーおい!1対一1じゃ俺に勝てないからって二人掛かりかよ!まぁーいいよ、やってやるよ!!2対1でも負けねーから!!俺が考えてるこれからのプランにも都合がいいし!タイトルマッチやってやるよ!」(王者菅原拓也)。

3WAYマッチはインターナショナルjrヘビー級選手権試合に変更された。

また今日の夕方、同日にNWA世界Jr王座に挑戦が決定している菊地毅選手からFOS事務所に
「菊地です、ベルト獲っちゃっいますのでよろしくお願いします。」
という連絡があり、そのまま電話は切られた。この電話の真意はいかに!?

◆2011年1月1日(元旦:午後2時開始)後楽園ホール
    「プロレス Nippon!」

☆世界ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
佐藤耕平(王者)vs関本大介(挑戦者:大日本プロレス)

☆謹賀『晋』年 大谷晋二郎デビュー20周年イヤー 記念試合〜Part1
タッグマッチ 30分1本勝負
大谷晋二郎、植田使徒vs田中将斗、鷹木信悟(ドラゴンゲート)

☆NWA世界jrヘビー級選手権試合 60分1本勝負
クレイグ・クラシック(王者)vs菊地 毅(挑戦者・餃子の王将)

☆次期世界ヘビー級王座 挑戦者決定3WAYマッチ
曙 vs 崔領二 vs KAMIKAZE

☆インターナショナルJrヘビー級選手権 3WAY
菅原拓也(王者) vs 日高郁人  vs  藤田峰雄

☆HMW 提供試合 

☆2012年 第一試合 シングルマッチ15分1本勝負
横山佳和vs橋本大地

【発売中】平成24年1月1日(元旦)後楽園ホール「プロレスNippon」(午後2時開始)
S席6000円 A席5000円 B席4000円

発売所
・e+(イープラス) http://eplus.jp/battle/(パソコン&携帯から)
・チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード594-180) http://t.pia.jp/
 [ぴあ店頭販売・セブンイレブン・サンクス・サークルK各店]
・ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:36855) http://l-tike.com/
※後楽園ホール、水道橋チャンピオンにて発売中。

posted by ZERO1 NEWS at 23:03 | NEWS

年内最終のチャリティー大会・大成功!大谷、72試合を振り返る

23日に新潟市・メイワサンピア新潟にて行われた、一般社団法人「あなたのレスラーズ」後援
「ちびっこのイジメ撲滅・元気ハツラツ〜本当に強い人はイジメなんかしないし、何度でも立ち上がる・クリスマスもプロレスで元気!〜」で、年内最終のチャリティーイベントを終了した大谷晋二郎がコメントをした。



2011122307320000.jpg



クリスマス前となった新潟は一面白銀の大雪に見舞われるも、会場はプロレスに興奮した
親子連れ約400人が大熱狂!



2011122315200000.jpg



新潟で一番の熱さを生んだ!



「本当に、本当に感謝の年でした。
3月の10周年大会の後、震災があって、今年は、本当にプロレスの力が試された年だったと。

このイジメ撲滅チャリティーで、おかげさまで僕らはコンパクトに、とてもプロレスを近く見れる
環境を作れていた。

だから、お声を頂けたところに、ほぼ100%行けたと思います。

イオンさんや、玉三郎さん、被災地もそう、本当に、全国の皆さんが、プロレスを観て、『元気になりました!』と、言ってくれた。

そして、秋。

念願の一般社団も設立でき、より、皆さんへプロレスを近くできたと同時に、
横綱・曙選手や、アジャ・コング選手のようなビッグネームの選手も賛同してくれた。

本当に、全てに感謝でした。

来年も、そして、僕の命の続く限り、この先もずっと、この活動は続けていきます。

是非、みなさんも、「僕の学校に!」「この人にプロレスを見せたい!」
「元気になりたい!」なんでもイイ!

そのキッカケが、勇気です。 プロレスは、良いんです!

僕は、プロレスの力を信じています!
これからも、プロレスを宜しくお願い致します。」(大谷)




何と、ZERO1によると、今年は72イベントをチャリティーで行ったという。


伝え聞いた大谷も、「そんなに?」と、驚く程であったが、橋本大地の現在の試合数88試合を考えると、納得の数字。


「来年は、100回を目指しましょう!」(大谷)と、早くもやる気を見せた。



12月23日 新潟市・メイワサンピア新潟

一般社団法人「あなたのレスラーズ」後援
「ちびっこのイジメ撲滅・元気ハツラツ〜本当に強い人はイジメなんかしないし、
何度でも立ち上がる・クリスマスもプロレスで元気!〜」

タッグマッチ 30分1本勝負
○大谷晋二郎、日高郁人(18分42秒スパイラルボム)佐藤耕平、×KAMIKAZE



2011122317180000.jpg
posted by ZERO1 NEWS at 03:22 | NEWS
spacer.gif