ZERO1
ZERO1

2008年06月25日

田中将斗選手インタビュー M&M

M:いよいよ火祭りシーズンになりますが今の体調はどうですか?
田中:今の体調なら年間300試合やれるし、何時でも誰とでも戦えますね。復帰してから今でも体調は毎日上がり続けてます。
m1.JPG

M:復帰してから1年以上絶えず最前線で戦っていても疲れない?
田中:そりゃ毎日全力を心がけてるから試合後は疲れるけど、試合会場に行ったら本当に集中出来てる。酒も飲まんし煙草も吸わんしトレーニング、試合、食事、睡眠の繰り返しだから回復も早いんだと思う。逆に事務所の仕事とかでトレーニング出来ないと疲れというかストレスが溜まりますよね。

M:新日本との対抗戦も続いていますが新日本に関して感じた事はありますか
田中:新日本というより金本という選手と戦ったのがきっかけで今があるわけだから。金本は昔TVで見ていたころの新日本の臭いがするから余計に熱くなるよね。絶えず上から目線みたいな態度を見ると余計に、時代がちゃうやろって。でも金本とはこれからも戦っていきたいね。身体はきついけどやってて気持ちいいよ。永田ともあいつの体調がベストになったらシングルやったる。
m2.JPG

M:中西選手に関してはどうですか?
田中:4月のJCBのカードが発表された時、何で俺やねんと思ったけどそれまでにもグラジとかプレデターやトムみたいに大きな選手とやってたから攻略出来ないとは思わなかった。但し、大森選手も言ってたけどあいつ(中西)の身体の硬さは異常やで。こっちがエルボー打っても跳ね返ってくるんやから、あんな身体持ってるのは羨ましいな。足腰も滅茶苦茶強いし。ただ・・(笑)

M:ただなんですか?
田中:あいつの形にもっていかれたらまずいけど、あいつは自分を理解出来てないんじゃないのかな。あの奇妙な動きはこっちが理解出来ないんだからさ、最後に格好つけようとしなきゃ・・これ以上は言わない。また戦う可能性もあるし。今のままでいてくれれば負けないから大丈夫。
m3.JPG

M:中西選手はIWGP挑戦が噂されてますが?
田中:そんなん知らんし、興味もないな。だってヅラ被って対戦表明したんでしょ(笑)。IWGPってそんなんが許されるようになったんやと思うと自分のベルトに自信持つよ。自分でやったのかやらされたのか知らんけどあれ見たらIWGPに興味は沸かない。全日本のM−1に挑戦した方が・・これ以上言わさないでよ。あんた新日本のスパイじゃないやろな(笑)。
610m.jpg

M:いえ、FOSから仕事を請け負ってるだけです。
田中:もういいですか?何か聞いてた内容と違うから、後で校正してくれるんでしょ?コメント。

M:もちろん出来る限りそのまま掲載しますよ。ファンだって選手の本心を聞きたいわけですから。でも問題になる発言はありませんから安心して下さい。
田中:本当に?あとでぐじゃぐじゃ言われるの嫌ですよ。
m4.JPG

M:安心してください。ところで26日崔選手と組んで真壁&本間選手をゼロワンの大将として迎え撃つわけですが。
田中:本間に関しては劣る要素は何もない。うちのファンにも「帰れー」と言ってもらえばええし。但し新日本の常連になったからあいつも俺を狙ってくるだろうから、気は引き締めて臨みますよ。
真壁に関しては1回戦ってみないと何ともいえない。あっちではヒールやってるらしいけど本当のヒールには見えない。ヒールでもレスリングでも何ででも勝負したるよ。26日は矢野がいないから楽勝かもしれんな。こっちは去年の火祭り優勝と準優勝のタッグやから負けるわけがないし、新日本のファンもGBHって軍団は応援しないでしょ。

m5.JPG

M:真壁選手は田中って奴をぶちのめすと言ってますよ。
田中:言っとけって。プレミアムで蝶野さんが言ってたよ「真壁&矢野がIWGPタッグの権威を落とした」って。ベルトの権威を落とすような選手に負けたらこっちのベルトの権威も落ちるよ。とにかく崔君と2人で秒殺するつもりで戦います。もしチェーンとか使ってきたらこっちもイスでも傘でもビールでも何でも使いますよ。

M:我々は田中選手と真壁選手の対戦に非常に興味があるのですが
田中:やってみないと分からないけど、ファンの人が望むなら何時でも誰とでも戦いますよ。僕プロレスラーですから。いいですよ。
m6.JPG

M:26日に向けてファンに一言お願いします。
田中:こんな小さな団体をいつも応援してくて本当にありがとうございます。僕らはいつもそんなファンに支えられて今があります。ZERO1は全員が毎日命をかけて戦っていますので是非会場へ来てみて下さい。これからもよろしくお願いします。
m7.JPG

M:最後に、火祭り3連覇に自信ありですか?
田中:火祭りはまだ考えない。ブロックが発表されたらイメージを持ちながらトレーニングする。でも中西・関本とは同じブロックにならなきゃいいな(苦笑)。その話は来月にしましょうよ。

田中将斗選手は本当に気力・体力とも充実しているように感じました。どこか余裕があるように感じられるが試合になると誰よりもリングに集中出来ている、リングが見えていると感じる。
ZERO1には「リアルプロレスラー田中将斗」がいる事を再認識させられた。田中将斗に死角なし。   M&M

6月26日後楽園ホール(19:00)
田中将斗&崔領ニ 対 真壁刀義&本間朋晃(GBH)
※当日券は各種十分にあり。

P.S
今回掲載出来なかった「部分」は改めてHPで御紹介します。
posted by ZERO1 NEWS at 00:39 | NEWS
spacer.gif