ZERO1
ZERO1

2008年06月28日

大谷晋二郎選手インタビュー M&M

M:昨日は3試合を勝ち抜いての優勝、その前日は中西&永田組と激闘。正直疲れましたでしょ。
大谷:天山とのタッグは連携も考えなかったし、控室で特に会話もなかったから。逆に僕も天山も自分でという気持ちでやったのがいい結果に出た。この先に組む気持ちもないし。でも一時期の元気が無いね天山。
prm-result.jpg

M:優勝してG1出場をぶち上げましたが?
大谷:火祭り刀を持ってG1に行きますよ。勝手に言ったけどどうなるのかはあっちに任せる。先ずは今日の川崎大会と7月の東北シリーズ、火祭りと1つ1つ全力を出していくだけ。特に初出場だからどうこうはない。

M:26日の話になりますが、試合後の永田選手のコメント聞きましたか?
大谷:いや知らない。
※試合後の永田選手のコメントを見せる

M:永田選手のコメントをどう感じますか?
大谷:この男は自分が勝ったわけでもないのによく言えるな。中西が弾けてきたから焦ってきたんじゃない。まあ昔から口は上手いから言わせておけばいいでしょ。ゼロワンでまた見たいか見たくないかはファンが決める事ですから。体調が上がってきたのは分かるけどまだ全快には時間かかるでしょ。今の永田を狙って勝っても嬉しくないね。逆に、もっと休んで体調をベストにして出直してこいという気持ちですよ。26日だって中西に助けられてるじゃない。
永田を仕留められなかったんじゃなくて仕留めなかっただけ。仮に26日が大森対永田のシングルだったら間違いなく大森が勝っていたと思う。

M:中西選手がついに暴走モードに入ってきましたね
大谷:もともとあれぐらい、いやもっと力がある選手だと思ってたからね。ゼロワンで戦うようになって一皮いや三皮ぐらい剥けちゃって参ったね。でも借りは返しますよ、このままじゃ終われない。中西は確実に「化け物」化したね。全盛期のプレデターより間違いなく強いんじゃないかな。

M:いよいよ火祭りのブロック分けも発表されましたが。
大谷:開幕戦の相手が真壁だなんて火祭りの実行委員さんたちもやってくれるじゃない。面白れー、やってやろうじゃないかという気持ちになったよ。あと同じブロックに望月選手もいるし、耕平もいるしね気を抜いた選手が脱落するでしょうね。

M:カミカゼ選手の初参戦も決まりましたが。
大谷:ここまで悔しい思いをしてきた選手だからね。でも戦う時にそんな情など持たない。火祭りに出てきたことを後悔させるような戦いをします。どこまで出来るかは本人次第。それが火祭りだから。

M:川崎に行く前なのにありがとうございました。またゆっくり話を聞かせてください。
大谷:いえぜんぜん問題ないです。今日も川崎に来てくれるファンのために全力で戦います。
posted by ZERO1 NEWS at 17:09 | NEWS
spacer.gif