ZERO1
ZERO1

2008年06月30日

6/30浪口修選手インタビュー

M:26日後楽園ホールでの試合、勝つには勝ちましたけど浪口選手的にはどうでしたか?
浪口:「どうもこうもさ、この顔見たら分かるでしょ?矢野のドロップキックをロープ際で食らってからあんまり覚えてないな。勝った実感も無かったし。その前に吉川の張り手で顔が陥没したよ。」
JL9G0196.JPG

M:確かに顔が左右対称じゃないですね。
浪口:「でしょ、でもプロレスラーなんだから気にしてないけどね。勲章だと思えばいいや。次の試合までには治しますよ。」
JL9G0221.JPGJL9G0267.JPG

M:試合前は余裕があるように見えて、途中から気配が怪しくなったように見えたのですが?
浪口:「防御できなかったな、パンチもキックも後からだんだん効いてきてさ、途中でわけがわからなくなってた。斉藤も同じだと思うよ。でもあーゆう試合は好き、またいつでもやりたい。斉藤でもいいけど今度は大家(ユニオン)と組んだりさ。」
JL9G0279.JPGJL9G0308.JPG

M:入場テーマも変わりましたね
浪口:「星屑のディスタンスってやつでしょ。まあまあの曲だよね」

M:星屑じゃなく星空ですよ。アルフィーの名曲ですよ。知らないんですか?
浪口:「・・・・。植田のやろうまた嘘言いやがって、寮に帰って説教してやんなきゃいけないな。名曲に恥じないように頑張りますよ。」
JL9G0344.JPG

M:さて七夕は運命の相手裕次郎選手と再戦ですが?
浪口:「辞めろと言われても辞めないから。でも言われっぱなしも面倒臭いから言っておくけど次は俺が勝つよ。ある人からさ風車の理論ってやつを教えてもらったから絶対に勝てる、と思う。勝ったら新日本の社長さんにさ、リング上で手を上げてもらうから。試合後の裕次郎の顔想像してさ期待しててよ。」


☆7月7日(月) 新日本・後楽園ホール
裕次郎  対   浪口修

posted by ZERO1 NEWS at 18:35 | NEWS
spacer.gif