ZERO1
ZERO1

2009年03月28日

3/29靖國 レスラー崔「僕が引っ張っていきます!」

DSC09999.JPG3月27日「レスラー」崔領二選手がサムライTVに生出演。いよいよ目前に迫った靖國神社相撲場大会で行われる大谷晋二郎選手との世界ヘビー級選手権に加え、旅の話まで。
そして、時代を変える!という勝利宣言も…。




☆レスラーというニックネーム、得意技と言っていた「垂直落下式パイルドライバー」について…
(レスラーという名前は)そのままですね。もうちょっと違う名前がよかったかも。垂直落下式パイルドライバーは正直一回もやったことがない。ただの思い付き。
本当は那智の滝といったんですけど、スタッフの方に何それ?って言われてこうなりました。由来は大谷さんがお酒の席で機嫌が良くなるとよくパイルドライバーするぞ!言っていたのと、橋本さんの垂直落下式DDTとかけあわせて。

☆旅に応募したきっかけ…
自分で応募。ちょうど怪我した時期で、恋愛がしたかったのと旅に行きたかったのと。団体に所属してしまうと、海外になかなか行けない。このたびはタダやし、これは最高だと思いました。

☆旅の途中の思い出…
正直、おなかすいているイメージ。ご飯が食べられない。始めの2、3日はおなかがすいてなかなか寝られなかったですね。お金を一切持ってないので、楽しいというイメージもあるけど、いつもおなかがすいてる感じ。リアルに食べられない。あまりの空腹でかばんに詰め込んだカロリーメイト80個は4日で無くなってしまった。
そして、結局、真実の愛は見つからなかったですね。
自分でリタイヤしたんですけど、一人くらいは好いてくれるかなと思っていたのが、見事に誰も僕のことを好きにならず。全く、スルー。正直、最後の方は限界を感じていました。
告白は思いっきり無理…。9割5分来てる!どうOKしようかなと思っていたら、全然違う子が好きだった。
旅の過酷な状況で仲良くなることも、ダメだと思う子も正直いました。


☆旅を通じて感じたこと
変わったなと思うところは、初心に帰れたということ。プロレスをやる前の熱い気持ちが再び芽生えました。

☆WRESTLER’Sについて
プロレスという言葉から一歩踏み出した新しいコンセプト。若手選手、他団体からも集まって、みんなで盛り上げていきたい。
逃げ道を作らないように。バスも燃えましたし、ラストチャンス。
同じ志を持つ人はみんなこのリングに来てほしい。どんなに若い選手でも実力が伴えば、どんどんやっていきたい。生ぬるいものでなく、熱くぶつかってその先に行きたい。
21歳でデビューしてもう今年で29歳。このあたりで頑張っていかないと。

☆靖國神社大会について
2年前に一回やっているけど、その時は若手が向かっていくという感じだった。今はフィジカルでも上回っているし、負ける気がしない。ここで大谷さんが勝っても何も変わらない。このタイミングで挑戦できるのは大きいし、ここで越えないとダメ。そのチャンスがいま。大谷さんからベルトを獲ることで、自信にもなるし、この流れをつかまないと!

大谷さんは社長としてもすごく大変なのはわかるし、がんばってもらいたい。でも同じレスラーとして、ライバルであり、譲れない。今はもう一レスラーとして並んだと思っている。獲らないとダメだと思っています。
気持ちで負けてはダメ。序盤からスタミナを気にせず、ガンガンいかないと。


☆みなさんにメッセージ
ZERO1の世代交代。そして、僕がプロレス界を引っ張ります。
この靖国の舞台で巡ってきたチャンスは、ラストチャンス。必ず取って時代を変えたいと思います。いい風を自分でも感じています。
桜もいい感じになってきていますのでお花見も兼ねてご来場よろしくお願いします。


3月29日(日) 東京・靖国神社相撲場 
13時開始(12時開場)
※当日券は10時より販売

☆世界ヘビー級選手権試合
(王者)大谷晋二郎vs崔領二(挑戦者)

ほか全対戦カード・情報は下記アドレスより
http://zero1-cardresult.blog.players.tv/article/27324299.html
posted by ZERO1 NEWS at 12:52 | NEWS
spacer.gif