ZERO1
ZERO1

2009年06月21日

第5回レスラーズメモリー植田使徒編「レスラーになれた場所」

チャス!!

シトです!

田中さんからのバトンを受け継いで、語る今回のレスラーズメモリー。
田中さんからということもあって、自分がプロレスラーになるきっかけともなったあの場所のことを書きます。

自分が、中学一年生の時、地元である新見市民体育館にFMWが試合に来て、生まれて初めて生でプロレスを観ました。

その時は、それほどプロレスが好きというわけでもなく、テレビなどでも活躍していた大仁田厚さんが来るからという理由で何の気なしに行った程度でした。

しかし、その出会いはもう自分にとってはとても衝撃的で、試合を観戦後には『プロレスとは戦いを通じて、こんなにも人を感動させることができるんだ!もう、これしかない!プロレスラーになるしかない!』
と、勝手に思い込んでしまいました!

この時、田中選手も出場されていました!

そう思うと何か不思議な感じがしますね!

それから10年以上の月日を経て、自分がプロレスラーになるきっかけとなった場所で試合を出来たこと、家族や友人たちの前で試合を出来たことは何よりの誇りだと思っています!

そして、この場所で戦えたことで自分がプロレスラーになれたんだということを改めて痛感しました。

次、新見に帰るときはもっともっと強くなって必ず、故郷に錦を飾れるようにしたいですね!


次週は大谷さん宜しくお願いいたします!


003.jpg
画像はプロレスラーを目指すきっかけとなった地である新見市民体育館にて試合をする植田選手。

デビュー間もない植田選手は第1試合に出場。負けはしたものの、真っ向から先輩選手にぶつかっていく姿を新見の皆様に届けました。

2007年11月9日
岡山・新見市民体育館
○佐々木義人[7分55秒 逆片エビ固め]植田直幹(※当時)×

なお、植田選手の試合の模様や地元新聞への記載は新見化学工業のホームページに詳しく記載されています。

http://www.niimikagaku.co.jp/event/2007/niimi_zero1max.htm


◆都合により、レスラーズメモリーが先になりましたことをお詫びいたします。なお、佐藤耕平選手のレスラーズブログ「携帯電話と私」は水曜日に更新いたします。
posted by ZERO1 NEWS at 00:00 | レスラーズメモリー
spacer.gif