ZERO1
ZERO1

2011年04月03日

4/3秋葉原発信!レスラーとメイドさんによる東北太平洋沖大地震・義援募金

本日、秋葉原のUDXビル前にて、ZERO1と日本財団によるコラボレーションチャリティーイベント「秋葉原発信!レスラーとメイドさんによる東北太平洋沖大地震・義援募金」が行われ、ZERO1から橋本大地、柿沼謙太、横山佳和、ニック・プリモ、ブッファ、ウィル・ギブソン、ハッスルから若鷹ジェット信介、@UEXIL、九州プロレスからもめんたい☆キッド選手など9人が参加した。

aki44.jpg

本日は4月と思えないほどの寒さだったが、メイドやコスプレイヤーの皆さんは、お手製のメイド服やコスプレに着替えて奮闘。レスラーもヤングZERO勢だけあって、上半身裸でレスラーの身体をアピールした!

nz1.jpg

約3時間の募金活動中、やはり橋本大地の前に人が集まりやすく、逆に声をかけられる事も多かった。

aki43.jpg

「本当に被災されてしまったみなさんや、ご家族、ご関係の皆様にはお見舞い申し上げます。
今日は、メイドさんや、(コスプ)レイラーの皆さんの頑張りに、正直、感動しました。 寒いなか、半袖でも頑張っていて。 そのメイドさんが言ってました。「レスラーの皆さんと握手してください!その温かさは、東北の子供達の温かさです!レスラーさんも東北の子供達も頑張っています!」と。大谷さんが、言ってる、「プロレスで世の中を変えたい!プロレスの力は無限です!」のフレーズが何となくわかりました。 道行く人が、東北の子供達の事を思い、1円をいれてくれる。 1円の重みを感じました。 僕らに出来る事はプロレス。 僕らのプロレスで、皆に元気を与えたいと、心から、思いました。 」(橋本大地)

nz2.jpg

企画をした日本財団・町井課長は「プロレスラーの皆さんも、メイドさんたちも、もの凄く頑張って下さいました。 外国人レスラーさんも、他国の事では、なく、<一緒に頑張っていこう!>と、言っていたのには、感動しました! 一時も休む事なく、声を出し続けてくれた体力にも、びっくりしました。 かならずこの思いを被災地へ届けます!」と、語った。
posted by ZERO1 NEWS at 21:43 | NEWS
spacer.gif