ZERO1
ZERO1

2011年05月13日

横山が師と初タッグ!大地は父との対戦に「スゲェ!」

5月23日(月)「レスラーズ」ZERO1後楽園大会 全対戦カード
19:00試合開始(18:15開場)

【発売中】S席6000円 A席4000円

・e+(イープラス) http://eplus.jp/battle/(パソコン&携帯から)
・チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:594-180) http://t.pia.jp/
 [ぴあ店頭販売・セブンイレブン・サンクス・サークルK各店]
・ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:38497 ) http://l-tike.com/
 [ローソン各店]



Aタッグマッチ30分1本勝負
大谷晋二郎、横山佳和vs崔領二、佐藤耕平

続いて会見には大谷晋二郎、横山佳和が登場。
大谷晋二郎 コメント
「今回、久しぶりの第2試合登場となるわけですが、この試合は隣におりますこの横山が、自分で掴んだチャンス以外の何物でもないです。
 先日の新木場、そして道場マッチと、こいつの根性だけで、お客様を慶ばせた。その結果がこの 試合カードとなったわけです。」

横山佳和 コメント
「大谷さんと組むのは初めてで楽しみで早く試合したいです。
対戦相手の崔さん耕平さんにはやられてもやられても、がむしゃらに全力で打つかって行きます。
応援よろしくお願いします。」

ここで大谷が口をはさんだ。
「今、こいつの口から『楽しみたい』とかってでましたけど、ホントはもの凄く怖いはず。
こいつが怖さを紛らわす為に言っているのか、それとも何にも考えていないのか。どちらにしろ、こいつは今度の戦いで、一生懸命に戦いさえすれば、間違いなく1ランク上がると思うよ。
 社長としては、こんなに嬉しいことはなくて、大地が出てきて、柿沼も、植田も、こいつも、皆がジェラシー持ちまくれば良いんですよ。こいつらなんて、誰が勝とうが、負けようが、関係ない。とことんやりあえばいいんですよ。 みんなみなぎってる。 期待しています。」

DSC00834.JPG

続いて橋本大地が登場

C『蹴』 シングルマッチ30分1本勝負
橋本大地vs望月成晃

対戦決定時には「勝てればいいが・・」と、弱気な発言もみせていた大地ではあったが、GWのイベント試合で試合数をこなし、体つきも一回り大きくなり気持ちも大きくなった。

橋本大地 コメント
「先日、試合が決まった時は、蹴りを使う選手と聞いて、「負けたくない」位にしか思えなかったんですが、ゴールデンウィークにたくさん試合をしまして、試合中に「ああしたい」「こうしたい」と、いうのが、少しできるようになってきまして。
実は、今回『初後楽園』なんです。(以前にリングデビューではあり)
なので、『初後楽園で、現ドリームゲート王者から、プロレス初勝利!』ってなったら面白いなと。
僕は逆に肩の荷がおりて、というかこの一戦では背負ってなくて、でも望月さんは、負けたら大変なことになるわけで・・リラックスして、闘いを、たのしみたいと思います。」

DSC00837.JPG

また、7月3日の後楽園大会が『破壊王 7回忌記念大会』になった事にも触れ、
「父がなくなって、7回忌を迎えるにあたり、会社やファンの皆様の声でこういう大会を開いていただけた事を、心から感謝するとともに、非常にプレッシャーに感じる面もあります。

父が亡くなって、僕がプロレスラーになって、父が生きていたら、たぶん僕はプロレスラーにはなってなくて・・色んな複雑が交差して。でも、現実はここにあって、僕は今、プロレスラーであり、この日もそうですが、一日一日、僕の試合はその時のベストを尽くす、精一杯のプロレスをしていくように心がけますし、父の名に恥じないように頑張ります。」(橋本)

(会見中、この大会のポスターが到着)

110703.jpg

「うぁ!スゲェ!これは、ビックリですね(笑)
いくらバーチャルとはいえ、すごいなぁ。
(お父さんとの試合写真ですが)そうですね。叶うなら、一度だけ試合してみたいですね。」う橋本)

「破壊王・橋本真也 7回忌大会」  
7月3日(日) 後楽園ホール 12:00〜試合開始(11:15開場)
S席¥7,000 A席¥5,000 B席¥4,000







posted by ZERO1 NEWS at 17:12 | NEWS
spacer.gif