ZERO1
ZERO1

2011年07月11日

7/11:第11回火祭り記者会見 スカパー本社

027.JPG

018.JPG

7/11火祭り会見 コメント
Aブロック

大谷「今年も火祭りがやってきました。
このメンバーを見て全員強敵ではありますが、やはりゼウスという
選手が一番僕の中で未知数といいますか、正直試合も見たことございません。
逆にどんな選手なのか?恐怖心もあります。それと同じくらいワクワクする
気持ちもあります。火祭りに関していえば、昨年優勝したということで今年は2連覇がかかるわけですけども、1年間この刀を持ってどこにでもいきましたけど、やっぱり離れたくありません。刀の方も離れたくないと言ってくれてます。必ず2連覇を達成し、今年は全勝優勝を目指して頑張りたいと思います。」

曙「今回で火祭り2回目、最初に出た時は勉強のつもりで出ましたけど今回は本気で
取りに行きます。久しぶりのシングルの大会なんで、不安はありますがドキドキワクワク感の方が多いです。今年の火祭りで十分暴れたいと思います。」

佐藤「火祭り11回目で自分も10周年なんで今年は優勝して自分の10周年に華を添えたいな、と思います。一つ一つしっかり戦って、油断をしないで全勝を目指したいと思ってます。毎年初戦が鬼門なんでですが、今回は柿沼が相手なんで火祭りの厳しさを体でわからせてやろうかな、と思います。」

柿沼「去年も火祭り出場者決定戦という所まで行けたんですけど、そこで菅原選手に負けてしまい、残念ながら出る事が出来なかったんですけど、今年は出場者決定戦でKAMIKAZEさんに勝つことができて、火祭りに出場することができました。自分のいるリーグは皆さん大きな選手ばかりなので、自分の持てる力を精一杯出すとともに、この火祭りでは結果を出せるように、じゃなくて結果をだします。ZERO1の若手ではなくてZERO1の柿沼謙太と早く言ってもらえるように頑張ります。」

ゼウス(大阪プロレス)「まず今回火祭り参戦にあたって大谷社長はじめ関係者の皆さんに感謝いたします。やるからには思う存分暴れるのが自分の真髄なんで、暴れまくって、暴れまくって、最高も知って最低も知って、最高の男ゼウスになれたらいいな、と思います。」


Bブロック

関本、ハヤト両選手は本日欠席のためコメントを代読

関本「始めに本日は会見に出席できないことをお詫びもうしあげます。自分は他団体最多出場者だけれども、まだ一度も結果を残していません。でも諦めずにチャレンジし続けます。火祭りは自分にとってかけがいのない大会だと思っています。火祭りがあったから今の自分がある、そう思います。今年の夏火祭りは自分が熱くさせます。」

ハヤト「一言だけ、優勝します。」

崔「僕は過去決勝まで進んで、2回田中さんに負けました。2009年には優勝したんですけど、優勝と準優勝この差の大きさを僕が一番よく分かってると思います。この前澤田に負けてしまったんで、こいつになんとしてもこの前やられた倍返しをしたい。」
ここで澤田選手が立ち上がり崔選手ともみ合いになる。澤田「血祭りにしてやる!こっちはな火祭りなんか興味ねぇんだ」この言葉に止めに入った田中選手が激高。「興味ないってなんや!やる気ないんなら何で出てくんねん!帰れ!」崔、田中、澤田3選手がつかみ合いになるのを他の選手が分けて、そのまま澤田選手は退場。
崔「大阪であいつとやるんで、結果出します。」

田中「あいつは何しにきたん?興味ないならここに来んな。興味ないような奴と試合しなきゃいけないのは難しい。あいつが点を取りにくるのかどういう試合すんのかわからんけど、俺はここ最近優勝から遠ざかってるし、一生懸命1戦1戦大事にして優勝目指す、それだけです。あいつは許さん。」



posted by ZERO1 NEWS at 18:59 | NEWS
spacer.gif