ZERO1
ZERO1

2011年12月29日

横山が元気に復活!大谷、大地が一年を振り返る。

本日、ZERO1道場にて、記者会見が行われ、大谷晋二郎、横山佳和、橋本大地が参加。


間近に迫った正月・元旦後楽園大会「プロレスNIPPON」でシングルマッチを行う
横山、橋本の両選手は餅つきでも、対抗心メラメラ。


DSC02074.JPG



「風林火山では、お世話になりました。
お陰様で、無事に復帰ができます。ご心配かけまして、スイマセンでした。
自分の中で、試合途中から記憶がなく、気が付いたら試合が終わってしまっていて。
悔しくて、悔しくて・・でも、この悔しさをバネに、2012年は、自分が一番
目立ってやりたいと思います。」(横山)




DSC02085.JPG



「まだまだ足りない。まだまだね。でも非常にね、こいつは成長しましたよ。
 田中も言ってたけど、ウチのメインが、どれだけ厳しいかを、イヤというほど知ったんじゃないかな。
でも、この経験は、将来、絶対に役に立つから。
大地もそうですね。 僕が見て、一番大切なものを出せてたんじゃないかな。」(大谷)



「改めて、ウチのリングが、厳しい事を実感しました。
そして、夢であり、目標である、大谷さんとの闘いが、また繰り越されたのが、
2011年の唯一の心残りです。
 元旦は、新年一発目なんで、必ず勝って、いいスタートを切りたいと思います。」(橋本)
 


―大谷選手から見て、橋本大地はどう写りましたか。



「こいつを、褒めれるのは、一つだけです。
『あの試合が良かった』『この技が良かった』っていう事なんて、微塵もないです。
ただ一つ、その褒められる事とは、こいつは一切、音を上げ無かったよね。
もの凄いプレッシャーだったと思いますよ。デビュー戦だけじゃなく、常に
お父さんと比べられてね。
でも、それをも、こいつは力にかえたと思うし。
「休みたい」とか、「辛い」とか全く言わなかった。その根性は褒めてやりたいです。」(大谷)


―大谷選手は、横山vs大地はどちらが勝つと思いますか?


「勝敗なんて、どうでもいい。おそらく、これからこいつらは、何十回、何百回と闘うわけですよ。
そのうちの1勝2勝なんて、どうでもいい。
とにかく、新年のスタートを任されたという認識、意味合い、僕らの期待をしっかりと受け止めた、
熱い試合を見せてほしい!
『正月から、プロレスみてよかった!』と、思わせてほしいですね。」(大谷)


―大谷選手、橋本選手、今年1年を振り返って。


「一言で言ったら、『プロレスラーで、良かったな』と。
今年は、10周年もあり、震災もあり。
全国のみんなが、被災地で困っている人に、何か元気を与えたいと思う中で、
僕には、プロレスという術(すべ)があった。
もちろん、僕らの会場でも、沢山のファンの方が協力してくれました。
本当に、20年やってきて、一番、プロレスラーでいて、良かったなと思った年でした。

だから、僕は来年からも、この活動を続けます。
来年も、プロレスを信じて、ファンの皆さんを信じて。
今年、一年、ZERO1を、プロレスを応援して頂き、本当にありがとうございました。」(大谷)



「3月にデビューさせて頂いて、今日まで88戦。怪我なく試合が出来たことを、感謝します。
本当に、ファンの皆さんの声援や、マスコミの皆様のおかげで、ここまでやれました。

 以前にもお話させてもらったんですが、デビューして、すぐに震災があって、5月に初めて被災地で試合した時、泣きながら、僕の試合を観てくれていたファンの方がいたんです。

「嫁さんの実家が流されて・・『もう、当分プロレスは見れないな』と、思っていた時に、
『大谷だったら・・』と、常に思っていた。
願えば叶う!地元に、ZERO1がチャリティーで来てくれると!しかも大地君の試合も見れる!
我が家は今日まで、このプロレスを生きる目標にしてきたんです!ありがとう」と、言っていました。

僕は、いつも父親の試合をドームや両国などの大きい会場ばかりでみていたので、プロレスラーのステータスはこういうビッグマッチで試合をすることだと思ってました。
でも、ああやって、僕の試合を『観たい!』と思ってくれている人の前で試合ができることが、プロレスラー冥利に尽きるんだと感じました。僕にとって今年は、一生忘れられない年です。」(橋本)



DSC02063.JPG


激動のZERO1・10周年は間もなく幕を閉じます。

2012年も、正月元旦から一生懸命プロレスをしてまいります!
応援、宜しくお願い申し上げます。


◆2011年1月1日(元旦:午後2時開始)後楽園ホール
    「プロレス Nippon!」

☆当日券、12時より発売!!


☆世界ヘビー級選手権 
(王者)佐藤耕平   対   関本大介(挑戦者:大日本プロレス)

☆謹賀『晋』年 大谷晋二郎デビュー20周年イヤー 記念試合〜Part1
タッグマッチ 30分1本勝負
大谷晋二郎、植田使徒vs田中将斗、鷹木信悟(ドラゴンゲート)

☆NWA世界jrヘビー級選手権試合 60分1本勝負
クレイグ・クラシック(王者)vs菊地 毅(挑戦者・餃子の王将)

☆次期世界ヘビー級王座 挑戦者決定3WAYマッチ
曙 vs 崔領二 vs KAMIKAZE

☆インターナショナルJrヘビー級 選手権試合 3WAYマッチ 60分1本勝負
菅原拓也(王者) vs 日高郁人(挑戦者)、藤田峰雄(挑戦者)

☆HMW 提供試合 

☆2012年 第一試合 シングルマッチ15分1本勝負
横山佳和vs橋本大地


【発売中】平成24年1月1日(元旦)後楽園ホール「プロレスNippon」(午後2時開始)
元旦ポスター.jpg

S席6000円 A席5000円 B席4000円
発売所
・e+(イープラス) http://eplus.jp/battle/
・後楽園ホールにて発売中。

☆当日券、12時より発売!

posted by ZERO1 NEWS at 19:34 | NEWS
spacer.gif