ZERO1
ZERO1

2008年05月08日

5/10 大阪大会・ミスZERO1最終審査

5月10日(土)ZERO1-MAX大阪大会において第1回「ミスZERO1」コンテスト最終審査を行います。当日会場にお越しいただいたお客様に直接投票をして頂きミスZERO1(1名)、準ミス(1名)を決定させて頂きます。最終審査に残ったメンバーは9名、会場で水着審査が行われます。

9名の参考写真はこちらを クリック
posted by ZERO1 NEWS at 14:42 | NEWS

2008年05月06日

5/17 越谷 驚異のデスマッチ決定!!

度重なる嫌がらせ、さらには実力行使!
デスマッチでの対戦を認めた大谷晋二郎。





そして松永光弘より、恐怖のデスマッチの全貌が明らかにされた!

ガラスレイン&鉄球地獄説明.jpg

題して「ガラスレイン 地獄鉄球 デスマッチ」
3面を金網が覆う。残りの1面にはガラスボードが設置され、後部に突起物が用意された車が猛スピードでバックすることで破壊。
そして、リング上部にもガラスボードを設置。鉄球の落下により破壊。リングにはガラスの雨が降り注ぐことに!

松永いわく、凶器が降り注ぐのは史上初とのこと!

松永は、自身が追い求める究極のデスマッチを成し遂げることができるのか?
それとも大谷が怖いプロレスで叩き潰すのか!


5月17日(土)埼玉・越谷 桂スタジオ
18時試合開始
☆ガラスレイン 地獄鉄球 デスマッチ
時間無制限 1本勝負
大谷晋二郎 vs 松永光弘
posted by ZERO1 NEWS at 01:33 | NEWS

2008年05月04日

5/5 PREMIUM

黒のカリスマ蝶野正洋プロデュース「PREMIUM」が明日後楽園ホールで開催される。ZERO1-MAXにとってPREMIUMとは何なのか。ZERO1は2001年からこれまでに通常の「団体プロレス」以外にたくさんの経験をしてきました。真撃・U$A・複数の対抗戦・GPWA交流戦・ハッスルなど。今回のPREMIUM、参戦選手にはプロレス界の生き字引的な選手が多い。これらの選手から「プロレス」を学べる機会こそがPREMIUMなのではないでしょうか。僕は特にこの生き字引的な選手から「雰囲気」と「プロレスとは」という2つを参戦する選手に学んでもらいたいと考えています。元気やパワーだけならレジェンド軍には劣らない、でも「プロレスラー」としてトータルするとその存在感はレジェンドに優ってはいないのではないでしょうか。不要なものを吸収してもらいたいとは思いまん、でもZERO1に不足しているものがPREMIUMにはあります。それに気づくか気づかないかは選手次第でもあります。ZERO1という限られた中でしか輝けないのであれば、業界を牽引する選手にはなれません。PREMIUMとはプロレスラーとして勝敗も、存在感も競い合う場なのです。もちろんレジェンド軍の存在感を超えるのは簡単な事ではありません。だからこそ今PREMIUMに参戦しなければいけないのだと思います。PREMIUMに存在するものはWWEなどの「Wrestling」ではありません。ここにあるのは日本に古くから伝わる「プロレス」です。同じようで同じではありません。新日本でもなければZERO1でもなく、ドラディションでもロックアップでもありません。選手が生き字引と接触することによって何が派生するのか、今しか経験出来ないことであれば今経験せずにいつ経験するのか。これもZERO1の挑戦です。是非ZERO1選手へのご声援よろしくお願い致します。
潟tァーストオンステージ 代表取締役 中村祥之

「PREMIUM」5月5日後楽園ホール 18:30開始
当日券午後4時よりチケットBOXにて発売
対戦カードはここを クリック
posted by ZERO1 NEWS at 16:43 | NEWS

2008年05月02日

5/4 崔vs真霜の勝者がUN新王者に!

4月29日後楽園大会にて激闘を行った崔領二と真霜拳號の再戦が決定!

また、この対戦に佐々木義人選手が返上したNWA UNヘビー級選手権がかけられることが決定。勝者は新王者となります。

5月4日(日)千葉・Blue Field
14:30OPEN/15:00START
☆NWA UNヘビー級王者決定戦
崔領二 vs 真霜拳號

詳しくは こちらをクリック
posted by ZERO1 NEWS at 03:00 | NEWS

2008年04月30日

5/5 PREMIUM後楽園大会に向けて会見

30日、5月5日プレミアム後楽園ホール大会に参戦する大谷晋二郎、田中将斗、大森隆男(ZERO1-MAX)・関本大介(大日本)・吉江豊、長井満也(ドラディション)が合同会見を行いました。

5/5プレミアム後楽園ホール大会 全対戦カードは
こちらをクリック



430tanaka.JPG
田中
「レジェンドと呼ばれてますけど、彼らはもう終わってる人の集まり。客寄せパンダで試合に出てる。僕らが小中学生の時にゴールデンでやってた人が今も元気でやってるっていうだけ。実力的には俺らの方が見せてる。それを戦うことによってわからせる。お前らは客寄せパンダでそれでええ。それを肌で感じてもらいたい。」

430oomori.JPG
大森
「相手はレジェンドと呼ばれてますが、よく言えばレジェンドだけど悪く言えば終わってるただのベテランというだけ。やる前から結果は見えてる。他に言うこともない。」

430ootani.JPG
大谷
「昨日、久しぶりに戦ってみて蝶野は中途半端な気持ちではないということを肌で感じた。今負けるわけにはいかない。レジェンドだろうと、何だろうとこの時代に僕たちが負けるわけにいかない。
 それと、蝶野は関本を知ってるのかと言いたい。間違いなく驚く。知らないのであれば好都合。圧倒的勝利を考えています。」

ootani
関本
「出場選手で一番若い。若いからこそできることを力いっぱいやりたいと思います。」

yosie.JPG
吉江
「もういいです。僕はレジェンドには触れません。3月30日、ああいう結果になってパートナーがとられたので、次はシングルでそれだけの気持ちがあるならと言ったらこういうカードが組まれました。利用させてもらうしかない。僕にはドラディションの成功が一番。」

nagai
長井
「レジェンドはもう少しで年金がもらえるオヤジの集まり。棺桶に片足突っ込んでるやつらが何やるんだ。客寄せパンダにもならない。蛍光灯の最後にパッと明るくなるようなもん。」


430syuugou.JPG
posted by ZERO1 NEWS at 18:09 | NEWS

4/29 後楽園ホール大会 試合後のコメント

4月29日後楽園ホール大会の試合後の模様がyou tube内FOS Channelにてご覧いただけます。

全試合結果はこちらをクリック

5、スペシャルタッグマッチ「〜愛への出発〜」
○日高 郁人、ディック東郷
vs
藤田 ミノル、×ザ・グレート・サスケ(みちのく)
(14'27 ディック東郷のダイビングセントーン→片エビ固め)



6、ゼロワン7周年記念特別試合
○大谷 晋二郎、大森 隆男   
vs  
蝶野正洋(新日本・レジェンド)、×安田 忠夫
(11'14 ドラゴンスープレックス→片エビ固め)



7、特別試合
○崔 領二    
vs  
×真霜 拳號(K-DOJO)
(29'29 那智の滝→体固め)



※ソード軍vsアックス軍 4月シリーズ優勝決定戦終了後、
アックス軍キャプテン大森隆男選手

posted by ZERO1 NEWS at 16:28 | NEWS

2008年04月28日

藤田&サスケの友情タッグ始動!!?

4月28日、後楽園大会を前日に控え、今まで幾度ものだまし合戦を繰り広げてきた藤田ミノル&ザ・グレート・サスケがタッグを結成!

会見を行いました。

(※4月25日会見の模様 は こちらをクリック



fujitakozu.JPG前回の会見と同じく、時間になってもなかなか姿を現さない藤田を抜きにして、仕方なく会見を始めるサスケ



心なしか、神妙な面持ちのサスケ
「久々にディック東郷・日高のタッグチームと戦う。そして、もうひとつ、藤田とのタッグ。2つの久々が重なる試合。どのように融合・はじけるか今からワクワクしています。藤田は生まれ変わりました。思いっきり受け止めて、最高のパートナーとして当日戦いたい。古き良きというか、何年か前の青春の一ページみたいな瞬間が生まれることに期待しています。
(なかなか来ない藤田を心配して・・・)いやぁ、また騙されたのかなぁ。」

fujitatoutyaku.JPG

そこへ息を切らせながら藤田登場
「いや、盛岡でポスター貼りしてる時に置き引きにあいまして、ヒッチハイクでやっと着きました。」

サスケ
「ほんの一瞬、0.2秒だけ疑ってしまった。馬鹿だった。本当にスマン。(涙に暮れる・・・)。藤田は一生懸命やってくれた。馬鹿野郎。本当にもう、泣かせるよ。すいません。お見苦しいところを見せてしまい・・・。」

藤田
「僕もあの頃を取り戻したんで、一緒に頑張りましょう!」

sasukenamida.JPG

サスケ
「明日はいいパートナーとして、戦ってくれよな。ありがとう。これからは組むんだよ。戦うんじゃないよ。(サスケ思い出に浸る)。日高・東郷は強敵だけど、負けることはない。」

藤田
「特に日高郁人はこの前、水を差すようなことばっかり言って。あいつは人でなしですよ。」

サスケ
「騙すなんて言って誰が誰に対して騙すなんて言ってるんだ!?」

ここで感極まったサスケは藤田の肩を抱き、そのまま写真撮影へ。


サスケと藤田は互いに「仲良しタッグ、懐かしタッグ、友情タッグ」と互いの仲の良さをアピール。

サスケ
「みちプロ時代を思い出す。新たなる兄弟タッグ。10年ぶりくらいのタッグ。うれしいねぇ。かわいい後輩だよ。」

サスケと藤田は肩を組んだり、メキシカンタッグなどのポーズをとり、写真撮影。

nakayosi.JPGnakayosimexico.JPG



何かを急に思い立った藤田
「そうだ、東京でもポスター貼りしなきゃ。明日までまだ時間があります。お先に失礼します。」

ひとり残されたサスケ
「藤田は一生懸命やってます。気持も心も入れ替えて、今は初々しい藤田のまま、感動しました。」

sasuketatekae.JPG

と、ここで明日の大会に向けて感動のまま、会見終了したかに思われたが、サスケはFOSスタッフよりヒッチハイクできたはずの藤田から、立て替えてくれと言われたタクシー代の領収書を渡される。その額2150円。
3000円を出したサスケ「おつりは藤田のジュース代として取っておいてくださいと残して、去って行った。

ほか全対戦カードは こちらをクリック
当日券は午後4時よりの販売です。
posted by ZERO1 NEWS at 18:22 | NEWS

4/29 魂よ原始に戻れ〜後楽園ホール大会

4月29日後楽園ホール大会のキャッチフレーズは「魂よ原始に戻れ(返れ)」。この言葉は今後のZERO1-MAXのキーワードです。対抗戦シンドロームなどという言葉も耳にしますがそれは予想していた事です。プロレス業界を取り巻く厳しい環境の中、ZERO1-MAXは特に厳しい環境下に存在します。そんな中でもZERO1-MAX選手を本気で潰しに来ている、新日本プロレス金本選手、中西選手、田口選手には敵でありながら敬意を払いたいと思います。もちろんZERO1の選手が新日本へ乗り込む際も本気で乗り込んでいます。
プロレスの原点は戦いであるならば、お互いが熱望している相手と「とことん戦える」環境を作り上げる事が大切だと思います。それは内部の戦いも対抗戦も同じ。明日は一部の対戦カードを除き、思い切りZERO1-MAXのプロレスが出来る日ではないでしょうか。
ZERO1-MAXという団体は「器用」な団体ではありません、どちらかといえば「原始的」なプロレス団体に近いと思います。対抗戦を通して得たもの、気付いたものそれを団体内での戦いにどうプラスとして持ち帰ったのかファンの皆様も「裁判官」としてご観戦頂けますようお願い致します。明日の第1試合、第2試合ももちろん「火祭り出場査定試合」になります。若い選手が無理矢理にでも時計の針を動かさなければ新しい時代などやって来ない。大谷選手や大森選手が蝶野選手や安田選手へ身体で贈らなければいけないメッセージもあるはずです。崔領二選手もこれ以上はファンも待ってくれないでしょう、火祭り2年連続準優勝選手の爆発を期待しています。
明日、埼玉SAで「UWFの幻想」な1戦がありますが、都合のいい時だけ「プロレス」を利用されるのも飽き飽き。それも商売の方法であるといえば僕の持論は相当遅れていると言わざるを得ませんが他の方法もあるのではないでしょうか。ジョシュ・バーネット選手を応援する気持ちとはかなりかけ離れているというのが本音です。
毎回毎回のお願いになってしまいますが、明日の後楽園ホール大会当日券は十分にございます。御来場心よりお待ちしております。

★4月29日 後楽園ホール 試合開始 18:30 当日券
S席6000円・A席5000円・B席4000円/4時より発売
☆18:15より Hikaru 対 前村さき

株式会社ファーストオンステージ 代表取締役 中村祥之
posted by ZERO1 NEWS at 15:35 | NEWS

2008年04月27日

4/29 後楽園ホール大会見所 M&M

「4月29日(祝・6:30開始)後楽園ホールにてZERO−ONE7周年記念試合パート2が組まれている。3月2日の記念大会に「参戦」しなかった橋本真也と縁の深い2選手、新日本レジェンド軍蝶野正洋と元橋本真也付き人安田忠夫。対戦相手は橋本が生前最後に試合をした相手、大谷晋二郎と大森隆男の2人。蝶野はゼロワン初参戦となるが蝶野自身が以前からコメントしているように今回の参戦はゼロワン選手への「叱咤」の意味が強い。その意味、大谷・大森・安田それぞれへのメッセージはきっとリング上で表現される事になるだろう。プロレスだからこそ可能なリング上での身体での対話、もちろん大谷から蝶野へのメッセージも試合の中で表現されるはず。今日、新日本大阪大会でIWGP王者中邑が武藤に敗れタイトルを失った。これも武藤から現在のプロレスへのメッセージであろう。強い者が勝つ、しかしその強さとは何なのかプロレスは言葉だけでは表現出来ないだから面白い。私ですら、武藤が勝利するとは思っていなかった。現在のZERO1−MAXは新日本との対抗戦においても「IWGP」を巡る戦いをしていない、ZERO1のターゲットは「新日本プロレス」そのものでありベルトは二次的なものいや今は不要なのかもしれない。現在は金本浩二、中西学、田口隆介そして5月からは永田裕志と交戦が始まる。IWGPを争えば団体内の争いが「予選化」してしまう可能性がある。長年新日本プロレスを支えてきた選手と対抗することで、技術よりも気持ちの強さを吸収しているのではないか。田中将斗はその新日本の気持ちを一番吸収している選手であろう。3月、4月の新日本との前面対抗戦で「何か」を掴んだ選手が29日後楽園ホールで変身した姿を見せると思う。2001年にノアとの対抗戦で旗揚げしたZERO−ONE、2008年新日本と本格的に対抗戦を始め新しいスタートを切ったZERO1。破壊・創造・誕生、世界でプロレスが一番好きな団体として29日後楽園大会は勝負の大会となる。もちろん29日の大会がファンに受け入れられなければ、蝶野のいう「団体の存在価値」は否定される事になるかもしれない。団体は10年経ってやっと世間的な信頼を得ることが出来る、10年まであと3年。29日はZERO1らしい、激しく元気なZERO1であることを期待する。当日券は十分にあるとの事なのでプロレスファンは是非会場へ行き、彼らの生き様を直接見てもらいたい。」
プロレスライター  M&M

4月29日(祝)後楽園ホール 18:30開始 当日券
S席6000円、A席5000円、B席4000円
各種十分にあり。

対戦カードは こちらをクリック
posted by ZERO1 NEWS at 23:41 | NEWS

5/26 後楽園でB's復活! インターナショナルJr.戦線急展開

4月18日武勇伝・新木場大会にてインターナショナルジュニアヘビー級選手権に挑戦を表明した前王者の日高選手。

しかし、現王者の望月選手が提示したのはある男を連れてのタッグマッチ。




そして本日、望月選手が気になるパートナーを発表しました!

望月成晃(ドラゴンゲート)選手コメント
「ここはやはりB’sしかないだろう。他団体の選手でおれのパートナーと言えば稔選手しかいない。
 今ゼロワンと新日本で対抗戦をやってるけど、それは関係ない。一番信頼できるパートナーを用意しただけだ。
 これでこっちに負ける要素はない!
 さあ日高、お前のパートナーはどうする?
 元バトラーツのマッハ純二でも呼んでくるか!?」


5月29日(木)後楽園ホール 19時〜
「確乎不抜」最終戦
☆スペシャルタッグマッチ
日高郁人  望月成晃(ドラゴンゲート)
X    vs 稔(新日本プロレス)
posted by ZERO1 NEWS at 23:21 | NEWS

4/28 大森隆男選手スペシャルイベント

XjQ.JPG

4月29日後楽園大会にてZERO1初参戦となります蝶野正洋(新日本・レジェンド)選手と、橋本選手とは縁深い安田忠夫選手を迎え撃つ橋本真也選手の最後の対戦相手として大谷晋二郎選手と戦った、大森隆男選手が決戦前日の28日スペシャルイベントを開催いたします。

場所:Sports bar Brainbuster
(東京都港区六本木4-12-4シミズビルB1F)

内容:Barの一日店員となった大森隆男選手が接客いたします。後楽園大会のチケットを選手から直接ご購入いただけます!

時間:4月28日(月) 20時〜22時30分

料金:チャージ料…1時間ごと500円、サービス料…別途10%
※料金は通常店舗営業に則ったもののみです。特別にイベント参加料は発生しません。

☆席数に限りがあるため、満員の場合は入場をお断りすることがございます。
お問い合わせ・ご予約・・・
Sports bar Brainbuster
TEL:03-5770-5622
URL:http://www.brainbuster-tokyo.com/


4月29日後楽園ホール大会の全対戦カードは
こちらをクリック
posted by ZERO1 NEWS at 19:51 | NEWS

2008年04月26日

4/29 参戦 蝶野正洋選手よりコメント

chonoNJPW.jpg
「盟友橋本真也が独立した時、またどこかで交わる事、戦う日が来るだろうとも考えた・・・   そんな思いも今はもう夢。

現在、新日本プロレスとZERO1−MAXの両団体が過去様々な障害を乗り越え、団体と団体が凌ぎを削る激しい対抗戦をリング上で繰り広げている。自分がやり残した事に対すケジメとて、今やるべき事はレスラーとしてここのリングに立つ事。今回、実はZERO1参戦の理由が見つからなかった。しかし、理由の無いところに理由を探す必要なんかない。かつて橋本真也との戦いに理由など必要が無かった様に、橋本の魂を引き継ぐリングであるのなら、上がればわかる 4月29日ZERO1−MAX後楽園大会、楽しみにしてるよ。 」
2008年4月26日  新日本プロレス 蝶野 正洋


4月29日 ZERO1-MAX後楽園ホール大会当日券
S席 6000円、A席 5000円、B席 4000円
午後4時より後楽園ホール1F当日券売り場にて発売します。
試合開始 午後6:30 開場時間  5:45
posted by ZERO1 NEWS at 21:03 | NEWS

藤田&サスケ師弟タッグ結成!!

4月25日港区芝ファーストオンステージ事務所前「SAC」にて29日の後楽園大会にてさまざまな恩讐を乗り越えて、師弟タッグを結成する藤田ミノル、ザ・グレート・サスケ組の会見が行われました。




しかし、会見開始時間になってもなかなか姿を現さない藤田

サスケが後楽園大会に向けて、一人でも意気込みを述べようとしたところへ対戦相手の日高登場。

日高「おはようございます、会長。何してるんですか?」

サスケ「今日はタッグパートナーの藤田ミノルと後楽園大会に向けて、決意表明をしようと思ってこうして会見に臨んでいるんですよ。」

日高「会長、もう待っても来ないでしょ。また騙されてるんですよ。」

サスケ「いや、絶対それはない。」

日高「騙されてる。」

サスケ「騙されてません。」

日高「いや、騙されてる。一番藤田ミノルのことをよく分かっている僕が言ってるんです。会長、騙されてます。」

サスケ「たしかにあいつは一時、兄弟に影響を受けていた時期もある。しかし、靖国での戦いで生まれ変わったんです。あの握手は本物の握手。もう騙すのはやめようとあいつが言ってくれたんです。」

日高「でも会長、握手したときのあの顔見ましたか?」

サスケ「見てないよ。」

日高「何か企んでいる顔でしたよ。」

サスケ「いいや、それはない。」

日高「僕は見たんですよ。」

サスケ「奴に限って、そんなことはない。奴は生まれ変わった。もう腐ったミカンは取り除いたんですよ。」

(ここへファーストオンステージ事務所、ザ・グレート・サスケ様宛の宅配便が届けられる。)

sasuke1.jpg

サスケ「依頼主は藤田ミノル。いやぁ、あいつも粋な計らいをするなぁ。(ここで中からDVDが取り出される。)ビデオメッセージ。さっそく見てみましょう。」

sasukemonitor.jpg
藤田ミノルビデオメッセージ
「サスケさん、今日は記者会見に行けなくてすいません。なぜいけないかというとですね。僕はいま、岩手・盛岡に来ているんですよ。そして、サスケさんとタッグを組むにあたってですね、あの頃の自分を取り戻そうと思って盛岡でこういう活動をやっているんです。
(画面の中では、ネットにポスターを貼り付ける藤田の姿が映し出される)
なので、当日後楽園ではあの頃のように師弟タッグとしてがんばりましょう。
よろしくお願いします。」

(これを見終わったサスケは生まれ変わった藤田の姿を見て涙に暮れている。)

sasukenamida.jpg

日高「会長、何泣いてるんですか?」

サスケ「ごめんなさい。ちょっと昔を思い出しちゃって・・・。」

日高「会長、何言ってるんですか?これそこの公園ですよ。しかも今度の後楽園のポスターですよ。」

サスケ「いや、これは盛岡ですよ。盛岡でポスターを貼ってくれてる。もしこのポスターが後楽園のポスターだとしても、東北の岩手のファンの皆さんを呼びたいという、うちらのこのタッグ結成を祝ってほしいという・・・。すごいよあいつ。親の心、子知らずと昔いましたけど、いや、あいつ、ホント分かってたね、親の心を。」

日高「いや、ポスター貼りなんてきっと一番嫌な思い出ですよ。」

サスケ「けなげにたった一人で・・・。俺はあいつの生まれ変わった姿に感動した。腐ったミカンは取り除いた。今度は菅原も含めて、更生させてあげます。正しい道へ導きます!」

日高「もう好きにしてくださいよ。でも、オレと大将(東郷)、試合になったら容赦しませんよ。」

サスケ「あれだけ藤田ミノルが東北を背負ってやるという決意がわかったので、今度の試合はみちのくプロレス代表としてぶつかるからね。」

日高去る。

サスケ「本当にいいものを見させてもらいました。藤田ミノル本人の生の声、姿を私自身も見てみたい。だから、藤田ミノルに言いたい。今すぐポスター貼りを終えて、東京に戻ってきてくれ。前日の28日にもう一回私と藤田ミノルがならんでここで決意表明したい。いや、させてください。」

阿部「サスケさん、これすいませんけど着払いだったんで650円もらってもいいですか?」

sasuketyakubarai.jpg

1000円出したサスケ「おつりはいいです。藤田ミノルのジュース代にあげてください。」
と残し、サスケは去って行った。


4月29日(火・祝)後楽園ホール 18時30分〜
☆ジュニアスペシャルタッグマッチ
日高郁人、ディック東郷vs藤田ミノル、ザ・グレート・サスケ

ほか全対戦カードは こちらをクリック
posted by ZERO1 NEWS at 00:16 | NEWS

2008年04月24日

2008年火祭りに関し

【第8回 火祭り】概要
A、B各ブロック5選手によるリーグ戦。(出場10選手)
7月20日(日)青森市で開幕戦  
21日ー23日 東北地区予定
7月27日(日)後楽園ホール(12時)
7月30日(水)ZEPP名古屋
7月31日(木)大阪府立第2競技場
8月 2日(土)中京地区予定
<決勝戦>8月3日(日)後楽園ホール(18時予定)

※他、3戦を予定。

4月29日(祝)後楽園ホール大会より火祭り参戦選手の最終選考に入ります。現在火祭り実行委員会で出場内定選手は2連覇中の田中将斗選手(現世界ヘビー級チャンピオン)の1名。デビューしている選手であれば誰にでも出場するチャンスが与えられます。海外からのエントリー選手も数名おります。

火祭り実行委員会
posted by ZERO1 NEWS at 21:25 | NEWS

5月2日新日本後楽園ホール出場選手

ZERO1-MAX 出場選手
・田中将斗、崔領ニ、日高郁人

田中将斗コメント
「確かに永田は尊敬に値する過去の実績があるよ。でもそれは過去の話であって今の話じゃないだろ。俺は今の永田より中西や金本の方が強いと思ってるし。永田に言われなくても新日本プロレスを身体で体感してるよ。コスチューム持って来いとは言わんから29日ZERO1の後楽園ホールあるから俺等の試合を見に来いや。俺らも永田の元気な姿確認しないとモチベーション上がらん。あと会社には言ったけど新日本プロレスはリングサイドにドクターを必ず座らせてくれ。やるからには遠慮する試合はファンにも失礼や。」

日高郁人
「対戦相手に金本選手の名前があったので自分から行かせて下さいと言った。やるだけです。」

崔領二
「目の前にあるものは胸でも足でも頭でも蹴るよ。それだけ。」

新日本プロレス5月2日 後楽園ホール

田中将斗      中西学
崔領ニ   対   金本浩二
日高郁人      永田裕志
posted by ZERO1 NEWS at 16:49 | NEWS

【放送内容変更に関するお詫び】

ディレクターズ・カット版放送につきまして、制作事情により最終(5/22(木)23:00〜27:25 ch.179)のみの放送となります。4月24日(木)の放送は、通常の再放送(中継録画)となります。視聴者の皆様には多大なるご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。


ディレクターズ・カット版の特典映像!
5月22日(木)の放送回では、試合直後のバックステージ・コメントや新日本との対抗戦3試合を追加して再編集し、放送枠を余すことなくお届け致します。まだこの大会を目撃されていない方も、会場観戦された方も、そして生中継をご覧になった方も今一度!どうぞお楽しみ下さい。

【特典映像内容】
<バックステージ>
 試合終了直後に発せられた赤・青コーナー両選手のバックステージ・コメントを追加収録
<ボーナストラック>
 ・佐々木義人vs 金本浩二(2005.10.11後楽園ホール)
 ・田中将斗&崔領二vs 大谷晋二郎&永田裕志(2007.11.13後楽園ホール)
 ・佐藤耕平 vs 中邑真輔(2008.3.2後楽園ホール)


詳しくはPPVJホームページまで・・・HP
posted by ZERO1 NEWS at 12:05 | NEWS

大谷激怒!デスマッチは絶対にやらない!

月曜日はサボテン、火曜日は五寸釘と異様な届け物がファーストオンステージ大谷晋二郎あてに相次ぐ。
そして、本日送られてきたものは・・・。

この模様はyou tube内FOS Channelにてご覧いただけます。




posted by ZERO1 NEWS at 00:10 | NEWS

2008年04月23日

ZERO1vs新日本in福岡!

激化の一途をたどるZERO1vs新日本の対抗戦ですが、今月・来月と福岡で熱戦が繰り広げられます。

新日本プロレス
4月24日(木)福岡・博多スターレーン 18:30〜
☆NJPWvsZERO1 Do or Die T
中西学・田口隆祐vs大森隆男・浪口修
☆NJPWvsZERO1 Do or Die U
金本浩二・裕次郎vs田中将斗・高岩竜一

4月25日(金)福岡・博多スターレーン 18:30〜
☆NJPWvsZERO1 Do or Die V
中西学・裕次郎vs大森隆男・浪口修
☆NJPWvsZERO1 Do or Die W
金本浩二・田口隆祐vs田中将斗・高岩竜一



ZERO1−MAX
5月21日(水)福岡・Zepp Fukuoka 19:00〜
☆ZERO1vs新日本プロレス


なお、対抗戦に向けて新日本プロレス各選手がコメント
http://www.njpw.co.jp/news/article.php?nwid=8185

http://www.njpw.co.jp/news/article.php?nwid=8188
posted by ZERO1 NEWS at 16:48 | NEWS

相手にするな!大谷宛に届く不気味なプレゼント

「必ずデスマッチで決着をつける」とコメントが寄せられてから、ファーストオンステージ事務所大谷晋二郎宛に連日、異様な届け物が続いています。

4月21日(月)着 サボテン
DSC00155.JPG

4月22日(火)着 五寸釘
DSC00163.JPG



posted by ZERO1 NEWS at 00:02 | NEWS

2008年04月22日

ヌチャ・ドール宏樹選手よりメッセージ

次回後楽園ホール大会にて東京初進出を果たすヌチャ・リブレ。

ヌチャ・ドール宏樹選手よりビデオメッセージ


4月29日(祝・火)東京・後楽園ホール 18:30〜
☆ヌチャ・リブレ 1本勝負
宏 樹 vs 千 春


他後楽園大会対戦カード
こちらをクリック
posted by ZERO1 NEWS at 23:53 | NEWS
spacer.gif