ZERO1
ZERO1

2009年12月20日

大谷&曙vs田中&望月 風林火山 試合詳報

12月19日 愛知・Zepp Nagoya
『風林火山』優勝決定戦
〈Aブロック代表〉大谷晋二郎&曙  vs  〈Bブロック代表〉田中将斗&望月成晃(ドラゴンゲート)


ZERO1初のタッグリーグ「風林火山」の決勝は大谷晋二郎&曙と田中将斗&望月成晃。
ともに逆転での2試合目となる両チーム。ZERO1の歴史に刻まれる試合のゴングが鳴らされる。

先発は曙と望月。曙は手を挙げて、望月の出方をうかがう。キックでけん制する望月に張り手からエルボードロップ。曙が飛ばしていく。場外に降りた両者。鉄柱攻撃をかわした望月。リングに戻って、曙は走りこむ望月にカウンターのラリアットから大谷に交代。魂の蹴撃王・望月に対し、キックの応酬を仕掛ける大谷。望月は田中に交代。
田中は大谷のリストを取って絞り上げる。大谷はフライングメイヤーからのスリーパー、ストンピング。
立ち上がって互いにチョップを打ち合う。田中は望月に交代。自軍コーナーサイド、望月はキックから足への関節を狙う。さらにニュートラルコーナーに追い込み、ロープを使っての足への攻撃。大谷は逆に望月をコーナーに追い込み、逆水平。しかし、逆にコーナーに大谷を据え付けた望月は顔面ウォッシュからのランニングキック。呼吸を整えようと降りた場外では田中がイス攻撃。田中がハードコアで大谷を攻めたてる。望月はリング中央で大谷に再度足関節。これにはたまらず曙がカット。

5分経過
変わって入った田中も大谷の足を攻め上げる。何とかロープをつかんだ大谷。田中はストンピングからローキック。コーナーに振って弾丸エルボーを狙ったところ、大谷はカウンターのフロントキックからニールキックで、曙に交代。コーナーに控える望月を落としてから、田中にコーナーアタック。さらにエルボードロップ。ボディプレスは不発に終わると、望月が飛んでくる。ミドルキックの連発から三角蹴り。走りこんでのキックはサモアンドロップで切り返した曙。大谷に交代。勢いよく飛びこんだ大谷、望月に対し、コーナーで顔面ウォッシュ。もう一丁の声援に続けて走りこんでの顔面ウォッシュ。引っ張り起こして、チョップからフロントキック。そして投げっぱなしのジャーマンはカウント2。一気に大ダメージを与えようと狙ったパワーボムは逆にフランケンシュタイナーで切り返される。足をすくうローキックから、スキを見て田中がリングインするや、足へのスライディングD。衝撃にダウンする大谷。

10分経過。
望月のドラゴンスクリュー狙いから延髄を見舞おうとする大谷。だが、キックをかわしてアンクルホールドに持ち込む望月。リング中央、拳を握り、魂を入れる大谷。ロープブレイクで田中に交代。コーナーに振ってラリアット。さらに走りこんでのラリアット。カウントは2。相手の技を受けながらも大谷の魂は燃え盛る。ロープサイド、持たれるところへのエルボーを耐え、バックをとった大谷は投げっぱなしのジャーマン。すぐに起き上がった田中はラリアット。望月はカットに入らせまいと、曙を場外に落とす。大谷は田中のエルボーから、大谷はカウンターのフロントキックも、望月の連続キックから走りこんでのミドルキック。田中の垂直落下式ブレーンバスターはカウント2で何とか跳ね返す。引きずり起こした田中。大谷をコーナーで1stロープと2ndロープに挟んで据え付けるや、望月の一角蹴りが飛んできた。さらに望月は場外の曙へプランチャ。大谷をリング中央ボディスラムで叩きつけた田中。スライディングDが飛んできた。カウントは2。再びのボディプレスからスーパーフライ。カウント2で方を上げる大谷。曙のカットが大谷への誤爆となるや、スライディングDKが襲う。戦線離脱を余儀なくされる曙。とどめとばかりに飛んできたスライディングDKを気持ちだけで返す大谷。なおもカットに入る曙に田中のエルボーと望月のキックが襲う。曙は走りこんできた田中&望月にダブルのラリアットで反撃。立ち上がる田中をつかまえた曙がチョークスラムの体制に抱えあげれば、それに呼応した大谷がネックブリーカーを合わせていく。

15分経過。
田中の救出に入る望月に、大谷&曙はダブルの袈裟斬りチョップ。起き上る田中に投げっぱなしのドラゴンをきめた大谷。カウントは2。トップロープに大谷がのぼれば、華斬が爆発の合図。大谷のミサイルキックから、曙のランニングボディプレスで大噴火。さらに田中を抱えあげた大谷はスパイラルボムで急旋回。

カウント3!


大谷&曙がリーグ期間中に育んだ友情と絆で、ZERO1初のタッグリーグ『風林火山』を制覇した。


大谷
「ありがとうございました。
風林火山優勝の喜びの前にたくさんの人への感謝を言葉にさせてください。参加してくれた熱い参加チームのみんな、全国のファンの皆様、会場に足を運んでくれたファンの皆様、応援いただき、心の底からありがとうございました。
どうしてもこの風林火山、大会終了後、僕の口からお礼を言いたかった。
僕のパートナー、横綱・曙に大きな拍手をお願いします。」


「ZERO1のファンの皆様、応援ありがとうございました。大谷さん優勝しました。ありがとうございます。

大谷
「精一杯の横綱の言葉。ありがとうございます。
それでは元気よくシめたいと思います!
3、2、1、ZERO1!」


プロレス界の太陽となれ。
大噴火となった「華斬」大谷晋二郎&曙組。


ZERO1、次回大会は3年連続の開催となりました、2010年1月1日元日の後楽園ホール決戦です。

2010年も熱いご声援をよろしくお願いいたします。

世界ヘビーほか対戦カードは近日中に発表いたします。
新年を飾るにふさわしい、豪華カードにご期待ください。


「ZERO1 WRESTLER’S 8」
〜New Year Gigs!〜
2010年1月1日 東京・後楽園ホール 14:00〜

☆世界ヘビー級選手権試合
【王者】川田 利明  vs  【挑戦者】関本 大介(大日本)
※第6代王者、2度目の防衛戦
posted by ZERO1 NEWS at 04:06 | NEWS

2009年12月19日

12/19風林火山決勝 ZeppNagoya試合結果 優勝は誰の手に!?

ZERO1
「ZERO1 WRESTLER’S」−名古屋大会−
ZERO1初のタッグリーグ『風林火山』決勝戦
12月19日 愛知・Zepp Nagoya


1、『風林火山』Aブロック公式戦 タッグマッチ30分1本勝負
 大谷 晋二郎
○曙
 [13分31秒 大噴火→体固め]
 金村 キンタロー
×スティーブ・コリノ
 ※大谷組は4戦3勝1敗の勝ち点6で公式戦全日程を終了。金村組は4戦1勝2敗1分けの勝ち点3で公式戦全日程を終了


2、『風林火山』Bブロック公式戦 タッグマッチ 30分1本勝負
 越中 詩郎
×大原 はじめ
 [11分58秒 黄龍]
 ツトム・オースギ
○ヘラクレス千賀
 ※越中組は4戦2勝1敗1分けの勝ち点5で公式戦全日程を終了。オースギ組は4戦1勝3敗の勝ち点2で公式戦全日程を終了。


3、『風林火山』Aブロック公式戦 タッグマッチ 30分1本勝負
 日高 郁人
×澤 宗紀(バトラーツ)
 [13分18秒 腕極め首固め(仮)]
○Mr.X
 Mr.XX
 ※日高組は4戦2勝1敗1分けの勝ち点5で公式戦全日程を終了。Mr.X組は4戦2勝2敗の勝ち点4で公式戦全日程を終了。
 ◆これにより、大谷&曙組が勝ち点6でAブロック代表に決定。


4、『風林火山』Bブロック公式戦 タッグマッチ 30分1本勝負
 佐藤 耕平
×KAMIKAZE
 [12分44秒 スライディングDK→体固め]
○田中 将斗
 望月 成晃(ドラゴンゲート)
 ※耕平組は4戦2勝1敗1分けの勝ち点5で公式戦全日程を終了。田中組は4戦3勝1敗の勝ち点6で公式戦全日程を終了。
 ◆これにより、田中&望月組が勝ち点6でBブロック代表に決定。ZERO1初のタッグリーグ『風林火山』は大谷&曙vs田中&望月によって争われることに。


5、ZERO1vs名古屋 タッグマッチ30分1本勝負
○不動 力也
 植田 使徒
 [12分19秒 逆エビ固め]
 入江 茂弘
×彰 人

6、シングルマッチ 30分1本勝負
○崔 領二
 [7分12秒 那智の滝→体固め]
×柿沼 謙太

7、『風林火山』優勝決定戦 時間無制限1本勝負
<Bブロック代表組>
×田中 将斗
 望月 成晃(ドラゴンゲート)
 [17分34秒 スパイラルボム→エビ固め]
<Aブロック代表組>
○大谷 晋二郎
 曙
※大谷&曙組がZERO1初のタッグリーグ『風林火山』を制覇。


a_091219.jpg b_091219.jpg
posted by ZERO1 NEWS at 22:03 | NEWS

12/19名古屋 「風林火山」優勝決定戦全対戦カード

「ZERO1 WRESTLER’S」−名古屋大会−
『風林火山』優勝決定戦
12月19日(土) 愛知・Zepp Nagoya
18時開始(17時30分開場)
S席:¥6,000− A席:¥4,000−
レスラー応援シート:¥1,000−(※要学生証)

当日券は上記、各席種とも17時より販売いたします。

1、「風林火山」Aブロック公式戦 30分1本勝負
大谷晋二郎&曙(勝点4) vs 金村キンタロー&スティーブ・コリノ(勝点3)

2、「風林火山」Bブロック公式戦 30分1本勝負
越中詩郎&大原はじめ(勝点5) vs ツトム・オースギ&ヘラクレス千賀(勝点0)

3、「風林火山」Aブロック公式戦 30分1本勝負
日高郁人&澤宗紀(勝点5) vs Mr.X & Mr.XX(勝点2)

4、「風林火山」Bブロック公式戦 30分1本勝負
佐藤耕平&KAMIKAZE vs 田中将斗&望月成晃

5、ZERO1vs名古屋 30分1本勝負
不動力也&植田使徒 vs 入江茂弘&彰人

6、シングルマッチ 30分1本勝負
崔領二 vs 柿沼謙太

7、「風林火山」優勝決定戦 時間無制限1本勝負
Aブロック代表 vs Bブロック代表
posted by ZERO1 NEWS at 10:45 | NEWS

12/19名古屋 風林火山決勝 当日券は17時〜

いよいよ決勝を迎えるZERO1初のタッグリーグ『風林火山』。

Aブロック、Bブロックともにそれぞれ3チームが決勝進出の可能性を残しています。

大注目の『風林火山』決勝戦、12月19日Zepp Nagoya大会当日券は下記、各席種とも17時より販売いたします。


「ZERO1 WRESTLER’S」
『風林火山』決勝
12月19日(土) 愛知・Zepp Nagoya
18時開始(17時30分開場)

S席:¥6,000− A席:¥4,000−
レスラー応援シート:¥1,000−(※要学生証)
posted by ZERO1 NEWS at 09:40 | NEWS

2009年12月18日

12/18霞ヶ浦結果 越中&大原が勝点5

ZERO1
「ZERO1 WRESTLER’S」−霞ヶ浦大会―
『風林火山』
12月18日 茨城・霞ヶ浦文化体育会館

1、シングルマッチ 15分1本勝負
○田中 将斗
 [9分0秒 スーパーフライ→体固め]
×柿沼 謙太

2、シングルマッチ 15分1本勝負
○KAMIKAZE
 [10分44秒 ムーンサルトプレス→体固め]
×小幡 優作

3、貴生商事プレゼンツマッチ タッグマッチ 30分1本勝負
 日高 郁人
○望月 成晃(ドラゴンゲート)
 [12分11秒 ツイスター→体固め]
 崔 領二
×高西 翔太

4、『風林火山』Bブロック公式戦 タッグマッチ 30分1本勝負
 不動 力也
×植田 使徒
 [16分29秒 ダイビングヒップアタック→体固め]
○越中 詩郎
 大原 はじめ
※不動組は4戦1勝3敗、勝ち点2でリーグ戦終了。越中組は3戦2勝1分で勝ち点5。

5、『風林火山』Aブロック公式戦 タッグマッチ 30分1本勝負
 Mr.X
×Mr.XX
 [13分15秒 エターナルドリーム→片エビ固め]
 金村 キンタロー
○スティーブ・コリノ
※Mr.X組は3戦1勝2敗で勝ち点2。金村組は3戦1勝1敗1分けで勝ち点3。
◆エターナルドリーム…スライディング式のラリアット

6、貴生商事プレゼンツマッチ タッグマッチ 30分1本勝負
 大谷 晋二郎
○曙
 [14分32秒 大噴火→体固め]
 佐藤 耕平
×澤 宗紀(バトラーツ)
◆大噴火…大谷のミサイルキックからの、曙のボディプレス


a_091218.jpg b_091218.jpg
posted by ZERO1 NEWS at 22:47 | NEWS

1/1後楽園 川田vs関本の世界ヘビーが正式決定!

12月16日小松川さくらホール大会のメインイベントに、かねてより川田利明選手が持つ世界ヘビー級選手権に挑戦表明しておりました関本大介(大日本)選手が登場。

試合後、下記のようにコメントいたしました。

091218sekimoto.JPG『川田さんが、何と言っているかは聞きました。でも、自分はZERO1に出るようになってすごく長いですし、世界ヘビーのベルトに対しても、すごい愛着があります。2年前の元旦にも田中さんとベルト懸けてもやりましたし。
川田さんは知らないかもしれませんが、僕の気持ちを全て川田さんにぶつけます。

川田さんは自分がプロレスを好きになった頃からずっと第一線で活躍されている選手なので、尊敬しています。けれど、闘う立場になったら、そんな気持ちじゃいられません。
以前、アパッチの名古屋大会で、対戦したこともあります。川田さんはそのことは覚えてないと思うんですけど、僕の中ではあの試合は忘れられないものなので、あの時とは違った自分を見せつける為に必ず1月1日に挑戦して、ベルトを獲ります。」



これを現王者であります川田選手に伝え、以下のコメントを頂きました。

091218kawada.jpg「関本大介。 まだ若い感じが否めませんが、挑戦者として俺の前に立つ以上、容赦はしません。
ZERO1のベルトを他団体の選手が…という思いは消えませんが、俺がベルトをとった時から言ってきたこと。
『ZERO1=ファンの熱』

聞いたところでは、関本選手はZERO1ファンからも後押しをもらえる、資格のある選手だと。
ZERO1ファンが、『ベルトを俺から獲ってほしい!』と、応援できる選手ならば、俺は受けます。

毎回言っていますが、持っているからには俺も本気でこのベルトを守りにいきます。」



これをうけまして、2010年1月1日後楽園ホール大会にて、世界ヘビー級選手権・川田利明vs関本大介を行うことを正式決定といたします。

熱い戦いにご期待ください。


「ZERO1 WRESTLER’S 8」
〜New Year Gigs!〜
☆世界ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【王者】川田 利明  vs  【挑戦者】関本 大介(大日本)
※第6代王者、2度目の防衛戦
posted by ZERO1 NEWS at 13:09 | NEWS

2009年12月17日

12/18霞ヶ浦 当日券は17時半〜 注目試合紹介

小松川さくらホール大会にて、2戦2勝の田中&望月に土がつき、A・Bブロックともに全勝チームが消え、混戦の模様を呈してきたZERO1初のタッグリーグ「風林火山」!

決勝前の大一番となる18日霞ヶ浦文化体育館大会当日券は17時半より、下記各席種を販売いたします。

S席:¥5,000−、自由席:¥4,000−
レスラー応援シート:¥1,000−(※要学生証)
なお、中学生以下の皆様は無料にてご入場いただけます。 


☆「風林火山」Aブロック公式戦 タッグマッチ 30分1本勝負
Mr.X & Mr.XX  vs  金村 キンタロー & スティーブ・コリノ
 →1勝1敗のX組と、1敗1分けの金村組は2戦を残して、両チームともに決勝進出の可能性を残している。どちらも息のあった連携とテクニックで相手を翻弄する似たタイプのチームだけに、ミスは許されない。

☆「風林火山」Bブロック公式戦 タッグマッチ 30分1本勝負
不動 力也 & 植田 使徒  vs 越中 詩郎 & 大原 はじめ
 →1勝2敗と苦しい状況となった怪力兄弟・不動&植田と1勝1分け、田中&望月から勝利を奪い、波に乗る越中&大原組。
 越中のハッスルパワーと粘り強く、巧みな技で攻め立てる大原は今シリーズが初タッグながらも、それぞれが個性を生かした戦いを見せている。一気に勝利で王手となるか?


なお、貴生商事プレゼンツスペシャルマッチといたしまして、公式戦ではありませんが、大谷&曙の華斬が登場。
また、日高&望月のスペシャルタッグも登場いたします。

a_091216.jpg   b_091216.jpg
posted by ZERO1 NEWS at 22:45 | NEWS

2009年12月16日

12/16小松川結果 田中&望月に土 相棒が無敗をキープ

ZERO1
「ZERO1 WRESTLER’S」−小松川大会−
「風林火山」
12月16日 東京・小松川さくらホール

1、シングルマッチ 15分1本勝負
○Mr.XX
 [7分28秒 ケブラドーラ・トド・アルト(変型バックブリーカー)]
×高西 翔太

2、シングルマッチ 15分1本勝負
○Mr.X
 [9分3秒 急所蹴り3連発からのラ・マヒストラル]
×植田 使徒

3、シングルマッチ 30分1本勝負
×KAMIKAZE
 [12分18秒 ロープに足をかけての体固め]
○金村 キンタロー

4、「風林火山」Bブロック公式戦 タッグマッチ 30分1本勝負
 田中 将斗
×望月 成晃(ドラゴンゲート)
 [14分44秒 侍パワーボム]
○越中 詩郎
 大原 はじめ
※田中組は3戦2勝1敗で勝ち点4。越中組は2戦1勝1敗で勝ち点3。

5、「風林火山」Aブロック公式戦 タッグマッチ 30分1本勝負
 日高 郁人
○澤 宗紀(バトラーツ)
 [15分7秒 変型STF]
 崔 領二
×柿沼 謙太
※日高組は3戦2勝1分で勝ち点5、崔組は4戦1勝3敗の勝ち点2で公式戦終了。

6、江戸川出身佐藤耕平凱旋試合 タッグマッチ 30分1本勝負
○佐藤 耕平
 大谷 晋二郎
 [12分45秒 ポールスター→片エビ固め]
 関本 大介(大日本)
×スティーブ・コリノ


a_091216.jpg   b_091216.jpg
posted by ZERO1 NEWS at 22:31 | NEWS

ZERO1・2010カレンダー販売中

ZERO1_2010carender.jpgお待たせしまして申し訳ありません。

現在、会場売店にて2010・ZERO1ポスターカレンダーを1部¥500−にて販売中です。

会場度お買い求めいただいた方には非売品グッズのおまけがつきますので、ご来場の際はぜひお買い求めください。
posted by ZERO1 NEWS at 16:36 | NEWS

12/16小松川 当日券は17時半〜 注目試合ワンポイントチェック

◆12月16日小松川大会・当日券情報
「ZERO1 WRESTLER‘S」−小松川大会−
12月16日(水) 東京・小松川さくらホール 18:30開始(開場18:00)

・当日券は17:30よりS席:¥6,000−、自由席:¥4,000−、レスラー応援シート:¥1,000−の販売となります。

お問い合わせは03−5730−3966まで


☆『風林火山』公式戦 タッグマッチ30分1本勝負
・Bブロック
田中 将斗 & 望月 成晃(ドラゴンゲート) vs 越中 詩郎 & 大原 はじめ
 →ここまで2戦2勝と唯一無傷の連勝の田中&望月組はパワー、スピード、テクニック、そしてチームワークとスキのない試合を展開。プロレス界のトップを走る二人の強力タッグが今日も本領発揮となるか?
 一方の越中&大原組は日程の都合上、これからが本番。初戦の耕平&カミカゼとの対戦では、デビュー30周年の越中が大ハッスル。年齢を感じさせないファイトで会場を熱くした。また、世界を渡り歩いて生きた大原は卓越したテクニックと根性でヘビー級相手に勝利を許さず、時間切れ。
 カギを握るのは越中のハッスルパワー?

・Aブロック
日高 郁人 & 澤 宗紀(バトラーツ) vs 崔 領二 & 柿沼 謙太 
 →水戸での開幕戦は大流血に追い込まれ、無念の両者リングアウトに終わった相棒タッグだが、大阪ではスーパーヘビーの大谷&曙を相手に絶対にあきらめないファイトを見せ、逆転の高津川で大谷から勝利を奪った。
 崔&柿沼は金村&コリノを分断することに成功、初勝利を挙げるも、納得のいかない試合展開からシングルマッチでの対戦を志願。互いの絆を確かめ合った。このなかで唯一のヘビー級となる崔のパワーは脅威だが、相棒の絆は強固。柿沼の奮闘が期待される。



☆江戸川出身・佐藤耕平凱旋試合
佐藤 耕平 & 大谷 晋二郎  vs  関本 大介(大日本) & スティーブ・コリノ
 →「風林火山」公式戦ではないものの、会場のある江戸川出身で江東区在住の佐藤耕平はまさに地元凱旋試合。
 普段は闘うことの多い大谷と組んで、相手は同世代のライバル・関本と策略男爵・コリノ。耕平は勝って、下町に錦を飾れるか?
 また、1月1日に行われる世界ヘビー級選手権試合に向けての動きも予想される。熱き4人のヘビー級選手の戦いにご注目ください。


a_091215.jpg   b_091215.jpg
posted by ZERO1 NEWS at 16:28 | NEWS

2009年12月15日

12/15横浜結果 田中&望月が連勝 華斬が再噴火

ZERO1
「ZERO1 WRESTLER’S」−横浜大会−
12月15日 神奈川・横浜にぎわい座のげシャーレ

1、シングルマッチ 15分1本勝負
○崔 領二
 [10分35秒 逆エビ固め]
×柿沼 謙太

2、タッグマッチ 30分1本勝負
 日高 郁人
○澤 宗紀(バトラーツ)
 [13分25秒 腕ひしぎ逆十字固め]
 スティーブ・コリノ
×高西 翔太

3、「風林火山」Bブロック公式戦 タッグマッチ 30分1本勝負
○佐藤 耕平
 KAMIKAZE
 [17分29秒 ジャーマンスープレックスホールド]
×不動 力也
 植田 使徒
※耕平組は公式戦3戦2勝1分の勝ち点5、不動組は公式戦3戦1勝2敗の勝ち点2

4、「風林火山」Bブロック公式戦 タッグマッチ 30分1本勝負
 田中 将斗
○望月 成晃(ドラゴンゲート)
 [13分26秒 スライディングDK(仮)→エビ固め]
 ツトム・オースギ
×ヘラクレス千賀
※田中組は公式戦2戦2勝の勝ち点4、オースギ組は公式戦3戦3敗の勝ち点0

5、「風林火山」Aブロック公式戦 タッグマッチ 30分1本勝負
○大谷 晋二郎
 曙
 [14分59秒 スパイラルボム→エビ固め]
×Mr.X
 Mr.XX
※大谷組は公式戦3戦2勝1敗の勝ち点4、X組は公式戦2戦1勝1敗の勝ち点2
posted by ZERO1 NEWS at 21:07 | NEWS

初勝利も崔の怒りが爆発! 12/15横浜はパートナー対決に…

金村キンタロー&スティーブ・コリノ組を破り、見事初勝利を挙げた崔領二&柿沼謙太組。

しかし、試合後の控室では柿沼選手に崔選手の怒りが爆発。

12月15日横浜大会では急遽、対戦カードが変更となり、崔領二vs柿沼謙太のパートナー対決が行われることになりました。


091213sai_kakinuma.JPG


−初勝利おめでとうございます。
崔「でも今までで一番ダメでしょうね。オイ立て、これでいいと思ってんのか?」

柿沼「いや、ダメです。」

崔「今日みたいな試合したらな、もうリングに立たれへんぞ。こんなん、プロレスラーと言われへんのじゃ。人がでけへんことやってこそ、ナンボやろ。人が見せられへん気持見せてナンボやろ。ちゃうんか?気持ちで負けたらな、勝っても意味ないんじゃ!勘違いすんなよ。実力で上がって来い。出直してこい、ボケ。」

柿沼「何もないです。」



シングルマッチ決定を受けて、崔領二選手コメント
「あいつは、必ず人から憧れられる選手にならないといけない。
だから、あいつは今まで経験しなかった試練を味わうべき。
大卒で、教員免許持ってるのはあいつの財産や。
いつかきっと それが生きてくる。

何事も無駄なことはない!
遠周りと思っても、それは人生の大切なポイントで遠周りではない。
あいつも 焦らずゆっくり 成長したらいい。

ZERO1は熱くいだけじゃなく 愛にあふれた団体や。
カキ、 頑張れ。
今日は わかってるな!
じゃあな」



12月15日(火) 神奈川・横浜にぎわい座のげシャーレ 18:30〜
崔 領二 vs 柿沼 謙太

日高 郁人 & 澤 宗紀(バトラーツ) vs スティーブ・コリノ & 高西 翔太

☆「風林火山」Bブロック 公式戦
佐藤 耕平 & KAMIKAZE vs 不動 力也 & 植田 使徒

☆「風林火山」Bブロック 公式戦
田中 将斗 & 望月 成晃(ドラゴンゲート) vs ツトム・オースギ & ヘラクレス千賀

☆「風林火山」Aブロック 公式戦
大谷 晋二郎 & 曙 vs Mr.X & Mr.XX
posted by ZERO1 NEWS at 13:53 | NEWS

12/13大阪詳報 崔&柿沼が初勝利!

「ZERO1 WRESLTER’S」−大阪大会−
12月13日 大阪・大阪府立体育会館第2競技場

『風林火山公式戦』Aブロック 30分1本勝負
崔領二&柿沼謙太 vs 金村キンタロー&スティーブ・コリノ

 ここまで2戦して2敗の崔&柿沼組。一方の金村&コリノ組は開幕戦で現タッグ王者の日高&澤組に、してやったりの引き分け。
 崔にとっては地元凱旋となる大阪大会。どんな結果になろうと、無様な試合は見せられない。わずかでも希望がある限り、全力で戦い抜く。

 先発は柿沼とコリノ。コリノは柿沼の腕を取って、スタミナを奪う。グラウンドの攻防では一日の長があるコリノ。足、腕、首といつでもギブアップを取らんと攻め立てる。ショルダータックルでダウンを奪うも、気を良くしてのもう一発は柿沼のドロップキックが迎撃。それぞれ崔と金村に交代。崔のキックの足を取り、レフェリーのブラインドをついての金的を見せる金村。崔は鋭いキックから柿沼に交代。重い金村を相手にエルボーからのボディスラムでたたきつけ、逆エビを狙うも簡単に跳ね返される。金村はコリノと協力して柿沼を場外でイスを使ってのめった打ち。日米ハードコアタッグの真骨頂。

リング上に戻っても踏みつけ、ロープへのこすりつけで新人・柿沼の体力を奪う。タッチを受けたコリノはバックブリーカーからニードロップ。必死にフォールを返す柿沼。金村&コリノはダブルのエルボードロップ。そして、旋回式のムーンサルト。素早いタッチワークで主導権を握る青コーナー組。柿沼は強烈なエルボーを打ちこんで崔に交代、ミサイルキック、バックドロップ、ミドルキック。崔の反撃開始。ノーザンライトスープレックスで、コリノを放り投げレッグラリアット。ブレーンバスターはカウント2。コリノはレフェリーを突き飛ばして、トップロープの崔を落とす。変わった金村はフェースバスターからトップロープに上り、爆YAMAスペシャルを狙うもカット。崔はコーナー上の金村のみぞおちにキックを見舞ってから雪崩式のブレーンバスター。タッチを受けた柿沼はエルボーの打ち合いに必死に向かう。


15分経過
崔のアシストを受け、柿沼は金村をジャーマンで一閃もコリノがカット。コリノは飛び上がってのバックキック。口からの流血もひるまない柿沼。コリノは宣言してからのラリアット。右腕は止められるも、左腕から放たれた回転してのラリアットがヒット。コリノのアシストを受け、ついに金村の爆YAMAスペシャルが柿沼に命中。これは崔がカット。柿沼は相手の同士討ちを誘い、崔に交代。那智の滝は不発。金村のスクールボーイはカウント2。柿沼はコリノをエルボーで押し込み、場外へ。リング上、1対1の状況になった崔と金村。崔のシドマスが爆発。崔&柿沼が2点を獲得した。
○崔&柿沼 [19分31秒 シドマス→エビ固め] コリノ&金村×
posted by ZERO1 NEWS at 13:09 | NEWS

12/13大阪詳報 相棒vs華斬 タッグの絆で大逆転

「ZERO1 WRESTLER’S」−大阪大会−
12月13日 大阪・大阪府立体育会館第2競技場

『風林火山』公式戦Aブロック
日高郁人&澤宗紀(バトラーツ)【1分:勝点1】 vs 大谷晋二郎&曙【1勝:勝点2】

先発は火祭り大阪大会でも対峙した日高と大谷。じっくりとしたグラウンドの展開から日高は澤に交代。張り手の応酬から大谷も交代。巨大に立ちはだかる曙。顔面への飛び上がっての張り手、ローキックを見舞う澤。びくともしない曙。日高に交代。ボディへのパンチを見舞うも、曙の一発の張り手でダウン。澤を場外へ放り投げた曙はロープサイドで全体重を日高に浴びせかける。ハイアングルのボディスラムから踏みつけ。そして、張り手。ジュニアウェイトとスーパーヘビー。一発のパワーが違う。

5分経過。
リングインした大谷はボディスラムからかきむしり。コーナーに追い込み、張り手。打撃戦に呼応する日高だが、パワーは大谷が上。ハイアングルのボディスラムでたたきつけ、曙がリングへ。2m超からのボディスラムはそれだけで必殺技クラスの攻撃になる。青コーナーで日高を宙づりに据え付けた大谷は顔面へのドロップキック。タッチを受けた曙は日高に対し、エルボードロップ。サイドから上体を引き起こすところへ大谷のドロップキックが飛んでくる。袈裟固めに苦悶の表情を浮かべる日高。カットに入った澤を曙は一発の張り手で戦線離脱に追い込む。ヘビー級相手に孤立する日高は大ダメージ。さらに大谷の顔面ウォッシュが飛んでくる。ニュートラルコーナーでもたれる日高。反対コーナーに振られるもダメージで走れない。タッグ王者の実力を見せたい日高。胸板への逆水平に耐え、澤に交代。澤は張り手の連打からキック、ソバット、伊良部パンチ、さらにオーバーヘッドキック。大谷はミドルキックの蹴り足をとらえ、曙に交代。ボディスラムで叩きつけられた澤。そこに、曙のエルボーが降り注ぐ。ランニングボディプレスを何とかかわし、お卍固めを狙うも、曙相手では体がどうにも回らない。タッチを受けた日高はドロップキックから低空のドロップキック。ショーンキャプチャーは飛びついたままの状態で捕まえられ、そのまま前にたたきつけられる。変わって入った大谷はコーナーへの串刺しフロントハイキックを連発。投げっぱなしのジャーマンスープレックスはカウント2。
続けて決まったドラゴンスープレックスは澤がカット。立ち上がるところに相棒のダブルのドロップキックがヒット。さらに合体のスーパーキックはカウント2。
走りこんでのフロントキックはかわされるもカウンターのニールキックを決めた大谷。大谷・日高はともにダウン。先に立ち上がる大谷。大谷・曙がダブルのチョップ。チョークスラムで日高を抱え上げた曙に大谷のネックブリーカーが落っこちてくる。さらにミサイルキックからのスパイラルボム。これは澤がカット。曙はうるさい澤を投げ捨てる。大谷は日高にカウンターの延髄。振り回してからの投げっぱなしのドラゴンスープレックス。とどめを狙う大谷はスパイラルボムの体制へ。抱え上げられた日高はなんと、大谷の肩の上で足と手を伸ばし、大谷の両腕をからめ取っての逆十字の形に。そのまま流れに逆らわず、フォール。大谷は見事に決まった抑え込みを返せず、カウント3。現タッグ王者組の日高&澤。追い込まれながらも勝利を奪う真骨頂の試合で勝ち点2を獲得。
ぼろぼろになりながらも勝ちをつかんだ相棒組。華斬は初黒星で1勝1敗の勝ち点2。

○日高・澤[18分26秒 高津川]曙・大谷×


次回公式戦
日高&澤組
→12月16日(水) 東京・小松川さくらホール 18:30〜
 vs崔領二 & 柿沼謙太

大谷&曙組
→12月15日(火) 神奈川・横浜にぎわい座のげシャーレ 18:30〜
posted by ZERO1 NEWS at 12:43 | NEWS

2009年12月14日

12/13大阪 デンジャラスパワーボムで初防衛 川田vsカミカゼ詳報

「ZERO1 WRESTLER’S」−大阪大会−
12月13日 大阪府立体育会館第2競技場

世界ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【選手権者】川田 利明 vs 【挑戦者】KAMIKAZE

 ともに足利工業大学付属高校レスリング部で時期は違えど3年の時をともにすごした両者。運命の戦いと位置づけたKAMIKAZEは、自らのために、ZERO1のために一世一代の勝負に打って出る。王者・川田利明は田中から奪った世界ヘビー級のベルトを片手に入場。
 開始のゴング。会場内は「アニキ」コールが世界ヘビー奪還を後押し。じっくりとしたレスリングの攻防で試合の幕が開けられる。キックで攻める川田。KAMIKAZEもそれに呼応し、気合いを入れてのチョップ合戦。川田の強烈なローキックに悶絶するKAMIKAZE。エルボーを見舞うKAMIKAZEに対し、川田は腕を取ってのスピンキック。背中へのエグいサッカーボールキック。川田はKAMIKAZEの魂を確かめるかのごとく、技を受ける。

川田は場外にKAMIKAZEを誘い出し、本部席の机にアトミックドロップ。真っ二つとなった机に強打されたKAMIKAZEは、臀部から叩きつけられ、苦しい表情を浮かべる。

5分経過
エプロンサイドのKAMIKAZEに対し、膝蹴りを見舞っていく川田。リング中央では、顔面への踏みつけから逆片エビ固め。デンジャラスKが立ちはだかる。川田はボディスラムからのニードロップ。KAMIKAZEの反撃を許さない。顔面への張り手にはステップキックでお返し。
一方のKAMIKAZEは川田のフロントキックをかいくぐり、バックドロップ。ボディスラムでたたきつけるも、ムーンサルトは不発に終わる。突進する川田にKAMIKAZEはカウンターのラリアット。2ndロープからのムーンサルトには剣山が待っていた。カウント2。場内の「アニキ」コールがKAMIKAZEを立ち上がらせる。
エルボーの打ち合いから川田はカウンターのフロントハイキック。さらにふっての串刺し式のフロントキック。そして、リング中央ではちきれんばかりのストレッチプラム。何とかロープエスケープ。

10分経過
胸板へのミドルキック。川田はパワーボムを狙うも大声援を受けたKAMIKAZEはリバース。ラリアットを受けても気合いの表情を見せるKAMIKAZE。ボディスラムからオーバーヘッドキック。そして、リバースのタイガードライバー。カウントは2。
胸板へのスーパーキックでひるんだところへトップロープからのムーンサルト。そこから、丸めこみを狙うもカウントは2。走りこんでのエルボーに川田は顔面をとらえるジャンピングハイキックで迎撃。カウント。ラリアットでたたきつけられたKAMIKAZE。パワーボムで持ち上げられるもフランケンで切り返す。ダウンする川田にトップロープからのムーンサルトがさく裂!
カウントは2。

15分経過
KAMIKAZEはバックを取られるもカウンターのジャンピングキックで応戦。ラリアットをすり抜けてグランドコブラツイスト!
カウント2。
あわやのシーンに目を覚ました川田。垂直落下式のブレーンバスター。カウントは2。顔をしかめた川田。KAMIKAZEを引きずりおこし、顔面へのステップキックからパワーボム。全体重をかけてのフォール。
カウント3。

○川田 利明 [16分17秒 パワーボム→エビ固め]KAMIKAZE×
※第6代選手権者・川田が初防衛に成功
posted by ZERO1 NEWS at 23:56 | NEWS

12/15横浜 当日券は17:30〜 注目試合ワンポイントチェック

◆12月15日横浜大会・当日券情報
「ZERO1 WRESTLER‘S」−横浜大会−
12月15日(火) 神奈川・横浜にぎわい座のげシャーレ 18:30開始(開場18:00)

・当日券は17:30よりS席:¥5,000−のみ若干枚の販売となります。

お問い合わせは03−5730−3966まで


☆『風林火山』公式戦 タッグマッチ30分1本勝負
・Aブロック
Mr.X & Mr.XX(藤田ミノル?&菅原拓也?)  vs  大谷 晋二郎 & 曙
 →身長・体重・国籍不明(のちにメキシコからやってきたと自ら明かす)で、スカイハイのテーマにのって入場した藤田ミノル&菅原拓也にそっくりのMr.X&Mr.XXは、フライングクロスチョップやラ・マヒストラルなどのメキシカン殺法を駆使し、崔&柿沼に勝利。現在1試合消化で得点2。
 一方の『華斬』大谷&曙組は開幕戦で勝利を挙げるも、大阪では日高&澤の相棒タッグの絆と、ヘビー級戦士に屈しない強い精神力に、逆転負け。1勝1敗の勝ち点2。
 優勝を最低条件に挙げた『華斬』は負けられない戦いとなるが、曲者のMr.X組はいくつもの引き出しを持っている模様。


・Bブロック
田中 将斗 & 望月 成晃(ドラゴンゲート)  vs  ツトム・オースギ & ヘラクレス千賀
 →水戸での開幕戦では田中のスライディングDと望月のローキック、スライディングDK(仮)なる強烈な合体技による勝利で「風林火山」優勝を高らかに宣言した田中&望月組。初タッグながらも息のあった連携でパワー、スタミナ、テクニックとスキのない所を見せつけた。
 オースギ&千賀のSOSは開幕からの2連敗で決勝進出は厳しい状況ではあるものの、参戦チーム中ナンバー1のスピードで駆け抜け、ヘビー級選手を相手にあわやの場面を演出。タッグのスペシャリストとして、また闘龍門の大先輩である望月に対して、小さな体で立ち向かう。


・Bブロック
佐藤 耕平 & KAMIKAZE  vs  不動 力也 & 植田 使徒
 →前タッグ王者組の耕平&KAMIKAZE組は、開幕戦でSOSを粉砕したものの、越中&大原組の驚異の粘りに決め切れず、現在1勝1分けの勝ち点3。
 不動&植田組は田中&望月に敗れるが、SOSをパワーで押し切り、1勝1敗の勝ち点2。10月に川崎で行われたNWAインターコンチネンタルタッグ選手権の再戦となる今試合はヘビー級4選手によるド迫力ファイトになること間違いなし。
 耕平&KAMIKAZEはこの試合の勝利で決勝進出に王手をかけられるか。それとも不動&植田は前回のリベンジとなるか?


a_furinkazan091213.jpg   b_furinkazan091213.jpg
posted by ZERO1 NEWS at 22:58 | NEWS

2009年12月13日

12/13大阪結果 川田世界ヘビー防衛・相棒が華斬に勝利

ZERO1
「ZERO1 WRESTLER’S」−大阪大会−
『風林火山』
12月13日 大阪・大阪府立体育会館第2競技場

1、シングルマッチ 15分1本勝負
○佐藤 耕平
 [7分18秒 ジャーマンスープレックスホールド]
×高西 翔太

2、タッグマッチ 30分1本勝負
 田中 将斗
×小幡 優作
 [12分51秒 変型首固め]
○Mr.X
 Mr.XX

3、『風林火山』Bブロック公式戦 30分1本勝負
○不動 力也
 植田 使徒
 [11分38秒 u-39→体固め]
 ツトム・オースギ
×ヘラクレス千賀
 ※不動組は公式戦2戦1勝1敗で勝ち点2、オースギ組は公式戦2戦2敗で勝ち点0

4、『風林火山』Aブロック公式戦 30分1本勝負
○崔 領二
 柿沼 謙太
 [19分31秒 シドマス→エビ固め]
×金村 キンタロー
 スティーブ・コリノ
 ※崔組は公式戦3戦1勝2敗で勝ち点2、金村組は公式戦2戦1分1敗で勝ち点1

5、世界ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【選手権者】
○川田 利明
 [16分17秒 パワーボム→エビ固め]
【挑戦者】
×KAMIKAZE
※第6代選手権者、初防衛に成功

6、『風林火山』Aブロック公式戦 30分1本勝負
○日高 郁人
 澤 宗紀
 [18分26秒 高津川]
×大谷 晋二郎
 曙
※日高組は公式戦2戦1勝1分で勝ち点3、大谷組は公式戦2戦1勝1敗で勝ち点2
◆スパイラルボムの体制で持ち上げられた日高選手が体を入れ替えて腕十字固めで勝利。

posted by ZERO1 NEWS at 17:46 | NEWS

2009年12月12日

12/13大阪 当日券は12時〜 注目試合ワンポイントチェック

◆12月13日大阪大会・当日券情報
「ZERO1 WRESTLER‘S」−大阪大会−
12月13日(日) 大阪・大阪府立体育会館第2競技場 13:00開始(開場12:30〜)

・当日券は12時よりB1F、第2競技場入り口受付にて下記3席種をそれぞれ販売いたします。
S席:¥6,000−
A席:¥4,000−
レスラー応援シート:¥1,000−(※要学生証)


☆世界ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【王者】川田 利明  vs  【挑戦者】KAMIKAZE
※第6代王者、初防衛戦
 →高校時代の3年間をともに、足利工業大学付属高校レスリング部にて過ごした王者・川田と挑戦者・KAMIKAZE。母校に戻り、原点回帰で魂を熱くたぎらすKAMIKAZEの一方で、川田にも当時の思いは鮮烈に残っている。時を経て運命の対峙を果たす両者の思いは初々しき高校生のものか。それとも熟練のレスラーか。先輩・後輩の関係を越え、いざゴング!



☆『風林火山』公式戦 タッグマッチ30分1本勝負
・Aブロック
日高 郁人 & 澤 宗紀  vs  大谷 晋二郎 & 曙
 →現タッグ王者組の日高&澤は水戸大会にて金村&コリノの術中にハマっての引き分けで、失点1。一方の「華斬」こと大谷組は初戦から豪快な連携技でまさに大噴火の勝利。
 相棒の絆か、煮えたぎる「華斬」の力か?この試合を制したチームが決勝進出へ一気に加速する!


・Aブロック
崔 領二 & 柿沼 謙太  vs  金村 キンタロー & スティーブ・コリノ
 →2大会連続のメインを任されるも、奮闘及ばず2連敗となった崔&柿沼組。控室ではこのタッグリーグにかける熱い思いを確かめ合い、どんなにわずかでも可能性がある限り、闘い抜くとを宣言。相手はインサイドワークにかけては抜群の金村&コリノ組。巧みな試合運びで勝利をつかむ。
 ZERO1の未来を担う二人の魂は爆発できるか?


・Bブロック
不動 力也 & 植田 使徒  vs  ツトム・オースギ & ヘラクレス千賀
 →水戸大会ではともに黒星発進となってしまったものの、不動&植田組はその強烈なパワーを、オースギ&千賀組はそのテクニックとスピードを遺憾なく発揮。この試合を落とせば優勝からは大きく遠ざかるだけに、たがいに負けられない一戦となる。



a_furinkazan091210as.jpg   b_furinkazan091210as.jpg
posted by ZERO1 NEWS at 14:58 | NEWS

1/1後楽園 世界ヘビー挑戦に関本が名乗り!

2010年のZERO1マットの行方を占う対戦となります、元日、後楽園ホールでの世界ヘビー級選手権試合の挑戦者に、ZERO1初の元日大会となった2008年にも、当時田中選手が保持していた世界ヘビー級選手権に挑戦し、大激戦となった関本大介(大日本プロレス)選手が名乗りを上げました。



091212sekimoto.jpg関本大介選手コメント
「ZERO1の皆さんは初のタッグリーグに集中していると思いますので、来年の新年一発目、自分が世界ヘビー級選手権の挑戦者に名乗りをあげます。

田中選手が川田選手にベルトを奪われた時になんとも言えない感情が溢れてきました。

川田選手は、大阪でKAMIKAZE選手とのタイトルマッチがありますが、相手はどちらでもいいです。
あの時の感情はチャンピオンになりたいという正直な気持ちでした。

思えばZERO1さんの初の元旦大会でも、自分は田中選手との間で世界へビーを戦わせて頂きました。

火祭りでは自分も田中選手から勝利をあげていますので、資格は十分あると思います。
2年前はまだ足りない部分がありましたが、心技体ともに成長した自分が、2010年1月1日、世界ヘビー級のチャンピオンになります。」


「ZERO1 WRESTLER‘S 8」
〜New Year Gigs!〜
2010年1月1日(祝・金) 東京・後楽園ホール 14:00〜
☆世界ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【王者】12/13川田対KAMIKAZEの勝者 vs 【挑戦者】未定



posted by ZERO1 NEWS at 14:38 | NEWS

12/21崔選手 「レスラー」CDデビュー記念サイン会

091221sign.jpg「レスラー」でCDデビューしました崔領二選手が下記日程におきまして、記念サイン会を行います。

CDは現在、会場・通販のみの限定販売となっております。
この機会にぜひ、崔選手の美声を手に入れてみては?


「レスラー」崔領二選手CDデビュー記念サイン会
日時:12月21日(月)16時〜19時
場所:ブティックDo本店(東京都大田区南馬込5−31−10)
アクセス:都営地下鉄浅草線「西馬込」駅より徒歩2分
参加条件:CD「レスラー」(販売価格:1,500円)お買い求めの方
posted by ZERO1 NEWS at 14:11 | NEWS
spacer.gif